木の寿命が長いことは判りますが、数千年以上もの寿命があるとは驚きました。特に、現在世界一寿命が長いと言われているトウヒは、9,550歳だそうです。最後の氷河期が終った後に根付いたことになります。トウヒは、幹が枯れても根は生きているため、特別寿命が長いのでしょう。

世界の長寿命樹木

トウヒ

トウヒ

木の寿命が長いことは、経験的にわかりますが、有名な長樹齢の木を調べると、桁が違っているのではないかと疑いたくなるようなものばかりです。

 

日本の木では、屋久島の縄文杉で、放射線炭素測定によると、2,500年~2,700年と推定されています。イランのイトスギは樹齢4,000年~4,500イギリスのヨーロッパイチイの木は、樹齢3,000年~4,000アンデス山中のパタゴニアヒバの樹齢は3,600。米国カリフォルニア州のブリッスルコーンパイン(マツ科)の樹齢は、約4,800と言われています。

 

現在世界一の高樹齢と言われている木はマツ科のトウヒです。遺伝子分析で判定され、樹齢は9,550年と推定されています。

 

世界最長樹齢と判定された経緯

現在、世界一と言われているトウヒの樹齢は、大学の研究チーム(スウェーデンのウーメオ大学)の調査で見つかっています。同大学の研究チームは、スウェーデンとノルウェーの国境付近の山で、およそ20本のトウヒの遺伝子を採取しています。なお、同大の本来の目的は樹種の個体数調査でした。

 

持ち帰ったトウヒの遺伝子を放射性炭素年代測定で分析すると、20本のトウヒの樹齢は全て8,000年以上で、最長の木は9,550年でした。

 

放射性炭素年代測定では、トウヒの遺伝物質を測定して樹齢を算出しています。最長齢のトウヒは9,550年前の遺伝物質を根に持っていたため、9550年の樹齢と推定されたそうです。

 

トウヒの幹は枯れないの?

今回発見されたトウヒの幹や枝などの寿命は、600年ほどと推定されていますが、トウヒの根は9,550年でした。

 

トウヒの根は、地上部の組織が枯れても、生きています。そのため、地上部の組織が死んでも新芽がでてきます。

 

大学の研究チームによって発見された、9,550歳の樹齢木は、低木の多い山中で見つかり、高さは4メートルほどだったそうです。発見された地域は、厳しいツンドラ地帯のため生長は制限されていたのでしょう。

 

トウヒは、幹が枯れても、根は生きていて再生することから長樹齢になったのでしょう。

 

トウヒは日本にもあるの?

ドイツトウヒは、別名ヨーロッパトウヒ、ドイツマツなどとも呼ばれていて、ヨーロッパからシベリアに広く分布しています。

 

日本には、明治時代の中期ごろから渡来したと言われていて、北海道・東北地方を中心に、九州地方まで植栽されています。マツ科トウヒ属の針葉樹で、30〜40m程の樹高になります。

 

まとめ

樹木の樹齢を調べた結果、数千年もの事例が沢山あって驚かされました。日本の屋久島にある縄文杉の樹齢の長さもすごいですが、本州の杉の木も同種だそうです。屋久島の杉が、何故、長齢なのかは判りませんが、一部の説では、「多雨」・「気温の変化少ない」・「低栄養の土壌」などが影響していると言われています。

 

スウェーデンとノルウェーの国境付近の山で、見つかった世界一長樹齢のトウヒも、厳しい環境でした。木の樹齢には、生育環境が大きく影響しているのでしょう。

 

今回は、どのような環境要因が樹齢を伸ばすのか判りませんでしたが、いずれは調べてまとめる予定です。しかし、暖かい地域の屋久島の環境と、寒い北欧で長樹齢の樹木があるため、簡単ではないでしょう。