海外と日本の毒針アリの違い

スズメバチ

日本のアリの大部分は毒針を持っていません。毒針をもつアリに刺されても致命傷にはなりません。ところが、海外に棲息する毒針アリに刺されると命を脅かされる程のダメージを受けてしまうそうです。その違いを調べてみました。

日本で毒針を持つアリが少ない理由

日本にいるアリは295種と言われていますが、毒針を持っているのは「オオハリアリ」と「クシケアリ」の2種だけです。(なお、フタフシアリ亜科にも毒針を持っている種もいますが、人の皮膚に刺せないため除外しました。)

世界中のアリは、15,000種から20,000種もいて、その多くは、熱帯地域に棲息していて、多くのアリが毒針を持っています。

アリは、ハチから進化したため、お尻に毒針を持つ種がいるのでしょう。しかし、日本のアリは何故、毒針を持つものが少ないのでしょうか?

《アリが毒針を持たない理由》
ハチは、クマやハチクマなどのタカなどの天敵から身を守るために毒針を持っていて、ハチから進化したアリが毒針を持っているのもうなずけます。

日本のアリが、毒針を持っていない種が多い理由は、地上に棲みついた時に、毒針で刺す程の天敵が少なかったためと考えられています。

日本に棲む「オオハリアリ」に刺された時には、ピリピリした電気のような痛みが走りますが、比較的直ぐに回復します。「オオハリアリ」の毒の主体は蟻酸のため、効果は弱いのですが、天敵の「カエル」や「トカゲ」には十分なのでしょう。

天敵の少ない、日本のアリは、毒針や毒を体内で作る必要がないのです。自然界では生き残るのに必死です。余分なものにエネルギーを費やす余裕などありません。

海外の毒針アリ

海外の毒針アリに刺されると命に関わるほどの酷い痛みや、毒性を持っているものが多数います。刺すアリの代表例を紹介します。

《テトラポネラ》
テトラポネラは、インドから東南アジアに生息しているアリで、刺されると息が詰まる程の痛さに襲われるそうです。

《アメリカナガアリ》
アメリカナガアリ属は、南北アメリカの熱帯や亜熱帯地域に生息しているアリで、数10種ほどの種類がいます。その中の数種は強烈な毒針を持っていて、刺されると「めまい」がするほどの激痛に襲われます。

《パラポネラ》
パラポネラは中南米に生息していて、黒褐色をした体長2.5㎝の大型アリです。パラポネラに刺されると、焼けるような痛みが走り抜けて、暫く歩くこともできないと言われています。

原始的な性質を持つキバハリアリ

オーストラリアに棲息する「キバハリアリ」の仲間には、ハチからアリに進化した時の古い性質を持っているアリがいます。約70種類いて、その多くは乾燥地帯で棲息しています。

「キバハリアリ」の原始的な性質とは

「キバハリアリ」の特別な性質には次のようなものがあります。これが、ハチから進化した性質なのかどうかは不明ですが、原始的な行動のように思われます。

《広い巣の出入口》
地上に穴を掘る多くのアリの巣は、小さなアリの出入りができる程度の小さな穴ですが、「キバハリアリ」が掘る巣穴の出入口は、大きな穴がポッカリあいています。

《しつこく追ってくる性質》
普通のアリは、巣穴の周辺から外的がいなくなれば深追いはしませんが、「キバハリアリ」は、巣から離れても追いかけて来て攻撃します。この性質は、まるでハチのようです。

《攻撃的な性質》
「キバハリアリ」は、大あごを開いて威嚇(いかく)や攻撃を仕掛けてきます。そのために別名「ブル・アンツ(雄牛)」とも呼ばれて怖れられています。

毒針アリの毒

海外の毒針アリに刺されると、日本の「オオハリアリ」や「クシケアリ」に刺された時とは比較できない程のダメージと回復までの期間を要します。

海外の大型の毒針アリの毒の成分は、ハチと同じように炎症作用を持つヒスタミン、呼吸不全や心肺停止をもたらす神経毒、アナフィラキシーショックを起こすペプチドなどの混合物でした。

まとめ

海外に棲息する毒針を持つアリは、ハチの毒の成分を持っていました。日本のアリは、殆ど毒針を持っていません。毒針のある日本の「オオハリアリ」や「クシケアリ」の毒は、蟻酸のため、致命傷を負わせるような怖いものではありませんでした。

この理由は、日本のハチが地上に進出してアリに進化した時に、アリを脅かす天敵が少なかったためと考えられています。

人の世界は、軍拡に歯止めがかかりませんが、お互いを理解し合える社会なら必要以上の軍事力の強化だけにエネルギーを使うことが無くなるのかもしれません。