鳥の色覚が人よりも優れている2つの理由|鳥と人の見え方の違い

インコ

鳥は、人よりも優れた色覚を持っていて人から見ると同色にしか見えない羽でも、微妙な色や柄の違いを識別できるようです。この記事では、鳥の色覚が人よりもすばらしい理由を調べて、判りやすく紹介しています。

鳥が見ている色の世界とは

人はフルカラーの視覚を持っているため、普段の生活では不自由を感じませんが、実は、全ての色を細かく識別してはいないそうです。

スズメ、ニワトリ、インコなどの鳥は、人が持っている色覚よりも優れています。人が同色だと思っている鳥の羽も、鳥が見ると、90%は違う色や柄として認識していると言われています。

鳥の色感覚を高めている2つの理由

鳥が優れた色感覚機能を持っているのは、次の2つの理由と考えられています

理由1:錐体細胞の数の違いによる感度アップ

鳥や人が色を見分けるためには、眼の「錐体細胞(すいたいさいぼう)」内に存在する視物質によって色を感じています。視物質は、物質ごとに感応する波長が異なっていて種類が多いほど多くの色を識別できることになります。

人が持っている錐体細胞は、青・緑・赤の3種類ですが、鳥は、青・緑・赤に「紫」を加えた4種類の錐体細胞を持っていて、人よりも色の識別ができることが判っています。

人と鳥で錐体細胞数が異なる理由

人が属している哺乳類の多くは、2種類の錐体細胞しか持っていません。哺乳類の多くは夜行性のため、色の識別よりも暗闇でも対象物を見ることができるように、視細胞のバランスを変えたと考えられています。

人は樹上生活をして、日中活動するようになった頃、色の識別ができないと熟した果実を確認することもできませんでした。そのため、進化の過程で重なっていた緑と赤の感度曲線を分離して、2つに分けることに成功したのだと言われています。

人は、1つだった赤と緑を分離させることで、三原色を見ることができるようになって、色を見分けることができるようになりました。

これに対して鳥類や魚類などの脊椎動物の眼は、最初から紫を加えた四原色だったそうです。人と鳥で錐体細胞数が異なる理由は、昼行性の鳥と、元々は夜行性であった人の生活環境の違いが影響していたのでしょう。人などの哺乳類はもともと持っていた4つの錐体細胞を半分に減らすことで、暗闇でも見えるように進化する道を選んだのです。

人は、後に三原色の錐体細胞獲得することで色を見分けることができるようになりましたが、元来、哺乳類型の錐体細胞で作られていることから、鳥のように優れた色の識別はできないのでしょう。

理由2:錐体細胞内の油滴による色覚の向上

鳥が人よりも色覚が高い2つ目の理由は、鳥の錐体細胞には、「油滴(ゆてき)」という色のついた油球を持っていることでした。

油滴の働き

油滴は、赤・黄・緑・透明などの色に分けられるため、錐体細胞に入ってきた光の波長を選別することをしています。つまり「フィルター」として働くことで細胞の感度を高め、視物質に届く光の波長を調整して、鳥の色覚を拡充させています。

また、油滴は球形のため、集光力の優れた凸レンズの機能を持っていると推測されています。

《油滴は哺乳類には無かったの?》
油滴は、両生類が錐体細胞内に作り出し、爬虫類(はちゅうるい)や鳥類に受け継いだものと言われています。ただし、遠い祖先の哺乳類にも備わっていたものが、錐体細胞の数を減らした頃に失ったと考えられています。

鳥が見ている世界

鳥の眼が人よりも優れていることは想像していましたが、色を細かく識別できることは知りませんでした。

鳥の眼の色覚が人よりもすごい理由は、錐体細胞の数の違いと、錐体細胞内の「油滴」というフィルターを持っているかの違いでした。

人が属している哺乳類は、元々夜行性が多かったことから、進化の過程で、暗闇でも敵や餌を識別できるようにするため、色覚を捨てざるをえなかったのでしょう。

鳥の色覚は人よりも優れていて、紫外線をみることもできるようです。そのため、人から見ると同色にしか見えない鳥の羽も、微妙な色や柄の違いがあって、鳥たちは違う羽の色をした相手として識別しているのでしょう。