カリウドバチの狩りは怖い! | 心惹かれる特殊な習性

カリウドバチは、獲物を毒針で麻痺させて動けないようにしてから巣穴に運び込みます。何故、獲物を殺さないで麻痺させた状態で巣穴に運び込むのか、とても興味をそそられます。まだ、究明されていないことが多いカリウドバチの習性もあります。
ベッコウバチ

カリウドバチとはどんな蜂なの?

カリウドバチは漢字にすると狩人蜂と書きます。人が鹿や猪を狩るように、クモやイモムシなどの小さな昆虫を捕まえて巣に持ち帰るハチ類の通称です。

カリウドバチの学問的な分類では、膜翅目(まくしもく)の有剣類の蜂で、およそ1億年前の白亜紀前期に寄生性のハチ類から派生したと考えられています。カリウドバチには、さまざまなハチ種がいて、「スズメバチ科」、「ジガバチ科」、「ベッコウバチ科」などに属しています。

《膜翅目》
膜翅(まくし)とは、透明の膜のような翅(はね)のことです。ただし、薄い膜だけでは強度が足りないために、傘の骨に相当する翅脈(しみゃく)が入っています。

膜翅目は、昆虫類の中に分類されていて、ハチ目とも呼ばれています。大きな前翅と小さな後翅をもっていて完全変態をするタイプです。膜翅目は世界中のどこでも生息している昆虫です。

《有剣類》
有剣類とは、巣を守る時の攻撃や、幼虫の餌となる獲物を捕獲するために、毒針をおしりに持っていて刺す蜂種のことです。有剣類には、カリウドバチ・スズメバチ・アシナガバチ・ミツバチや、地上を歩き回るアリバチ類などが該当しています。

カリウドバチの狩りの方法

カリウドバチ(ジガバチ、ベッコウバチ、トックリバチなど)の狩りは、獲物を見つけると次のようなちょっと変わった行動をします。

カリウドバチの不思議な行動

ジガバチは青虫を刺して地面に掘った穴に入れると、どこかに飛んで行ってしまいます。ベッコウバチもクモを刺してぐったりさせると、獲物を穴に入れてから飛び去ります。

トックリバチは土でトックリのような巣を作ると、針で刺して動かなくなった獲物を入れてトックリの蓋をすると、どこかに飛んで行ってしまいます。

カリウドバチたちは、獲物を針で刺すと巣穴の中に引きずり込むため、研究者たちも何をしているのか判りませんでしたが、実験を繰り返して目的をつきとめました。

《カリウドバチが行っていたこと》
カリウドバチは、獲物を毒針で刺して動けないように麻痺(まひ)させましたが、殺しませんでした。毒針に刺された獲物は、神経節が麻痺して、生きるための最小限の代謝活動のみをする状態になってしまいます。

カリウドバチは、巣の中で卵を産んでいて、巣に運ばれた獲物は、卵からふ化した幼虫の餌になっていました。獲物を殺さないで麻痺させた理由は、幼虫の餌が腐らないようにしていたのです。

カリウドバチの短い幼虫期間

カリウドバチは、巣の中で育つ幼虫のために餌となる虫を殺さないで麻痺させるという凄い手法をとっていましたが、麻痺した昆虫もそれほど長くは生きられないでしょう。

つまり、このような高等戦術は、カリウドバチの幼虫期間が短いことが前提です。

案の定、カリウドバチの卵は2日〜3日で孵化して幼虫になると、1週間ほどで獲物を食べてしまい、直ぐに蛹(さなぎ)になる準備を始めることが判っています。

幼虫は、順序を考えながら少しずつ獲物を食べて、なくなる頃に丁度成虫になると言われていて、昆虫学者を感心させています。

まとめ

カリウドバチの狩りは、獲物を毒針で麻痺させてから巣にひきずり込んで幼虫の餌にします。想像するだけで恐ろしくなりますが、生きた獲物を幼虫の餌にすることで腐食を防げるため、とても合理的な方法でした。

考えてみれば、SF映画のエイリアンのような生き物です(あの映画が真似をしたのかもしれません)。しかし、考えれば考える程、恐ろしさを通り越して、生態をもっと知りたくなるような蜂です。

カリウドバチには、究明されていないこともあって多くの研究者を悩ませています。

餌となる獲物の種は、カリウドバチの種類によって決まっていますが、この習性は、徐々に獲得したものとは考えられません。ファーブルが、この習性に疑問を抱いて進化論に懐疑的なことは有名です。

カリウドバチが、獲物を殺さないで正確に麻痺させる技術に興味を持たない人はいないでしょう。彼らのことをもっともっと知りたくなりました。