奇妙な名前で有名になったトゲナシトゲトゲと呼ばれる昆虫の正体

トゲ

トゲ

奇妙な名前のおかげで有名になった「トゲナシトゲトゲ」という昆虫について調べてみました。確認できたことと推定しかできないものがあるため、これらを区分けして記載しています。

バラエティー番組で人気者の昆虫

「トゲナシトゲトゲ」と呼ばれる昆虫は、名称が面白がられてテレビ番組などでもてはやされたようです。本来なら、背中にトゲのある仲間なのに、トゲが無いので「トゲナシトゲトゲ」と呼ばれるようになったのでしょう。

あまり知られていない昆虫名なのですが、変わった名前なので調べてみました。

トゲナシトゲトゲの名前の由来

「トゲトゲ」と呼ばれるのは、背中や胸部にトゲがたくさんあるトゲハムシ亜科の甲虫のことで、昔の名称(古い和名)でした。

ところが、トゲハムシ亜科の仲間の中にも、体にトゲがないものもいます。そのため、体にトゲがないトゲハムシの仲間の昆虫を「トゲナシトゲトゲ」と呼称したのでしょう。

さらに驚きですが、「トゲアリトゲナシトゲトゲ」と呼称される「トゲナシトゲトゲ」もいたようです。

これは、通常の「トゲハムシ」とは違うところにトゲがあったため、トゲのある「トゲナシトゲトゲ」として紹介されたため、「トゲアリトゲナシトゲトゲ」と呼称されたのでしょう。

なお、上記の「〜したのでしょう。」とか、「〜ようです。」などの表現で記載している個所は、文献などで確認できなかったため、私のかってな想定です。

トゲナシトゲトゲの呼称から推測する昆虫の正体

「トゲナシトゲトゲ」という昆虫の正式名が不明のため、本当の正体は判りませんが、確認されている内容から推測すると次のようになります。

日本に生息する「トゲハムシ」で、トゲがないものは、「ホソヒラタムシ」の仲間で、「ミヤモトホソヒラタハムシ」、「オキナワホソヒラタハムシ」、「タグチホソヒラタハムシ」の3種が該当しています。この中で、「トゲナシトゲトゲ」と考える学者が多いのは、本州や九州にも分布している「タグチホソヒラタハムシ」です。

そのため、ここでは専門家の支持が多い「トゲナシトゲトゲ」の昆虫の正体は、「タグチホソヒラタハムシ」とします。

タグチホソヒラタハムシとは?

ハムシ

ハムシ

「タグチホソヒラタハムシ」は、甲虫目、ハムシ科の昆虫で本州、九州に分布すると言われていますが、ごく限られた環境に局所的に生息していて既に個体数は少ない種です。

湿地や河川敷の草地、特にススキの葉にいるとされています。黒くて5mm程の体長のため、実際に見た人は少ないでしょう。

まとめ

「トゲナシトゲトゲ」という昆虫は、変わった名称のため、有名になった虫ですが正式名称が不明で、その存在すら疑われることもあります。

今回は、興味本位でさまざまな文献などを確認しましたが、推測の域をでることが出来ませんでした。ただし、個人的な備忘録の意味で、調べた結果を記載しておくことにしました。

《調べた結果》

  • 「トゲトゲ」という名称は、背中や胸部にトゲがたくさんあるトゲハムシ亜科の甲虫のことで、昔の名称(古い和名)でした。
  • 「トゲアリトゲナシトゲトゲ」と呼称される種もいたそうです。これは、通常の「トゲハムシ」のように背中や腹部にトゲは無くて別の個所にトゲがあったため「トゲナシトゲトゲ」にトゲアリを付加したのでしょう。
  • 「トゲナシトゲトゲ」は、トゲがない「トゲハムシ」の仲間で、専門家の支持が多い昆虫は、「タグチホソヒラタムシ」でした。
  • 「タグチホソヒラタハムシ」は、湿地や河川敷の草地(特にススキの葉)で生息している甲虫目、ハムシ科の5mm程の大きさの黒い昆虫です。