街路樹でおなじみのイチョウの木は生きている化石だったの?

イチョウの葉

 

イチョウの木は、2億年前の恐竜時代に繁栄していたことが化石で確認されています。中国原産のイチョウの木は、古くはヨーロッパでも見ることができましたが、中国の一部と日本だけに現存しているようです。そんな貴重なイチョウの木についてまとめています。

イチョウは古代植物だった

イチョウの仲間は、2億年前の恐竜時代に繁栄していたことは、化石で確認されています。ところが、イチョウの多くの仲間は恐竜とともに絶滅してしまい、その末裔(まつえい)とも言える現在のイチョウは、まさに「生きている化石」でした。

野生のイチョウの木は、日本と、中国の一部にしか現存していないそうです。もともと中国で自生しているイチョウを僧侶が日本に持ち込んだものとも言われています

イチョウの葉にある古代植物のなごり

一般的な植物の葉の葉脈(ようみゃく)を見ると中央に太い葉脈があって、そこから枝分かれするように細い葉脈が配置されています。

《葉脈》

葉脈

葉脈とは、葉っぱにある筋(すじ)のようなもので、葉の強度を保ち、葉の隅々まで水や養分を届けるための維管束系(いかんそくけい)のことです。

一般的な植物の葉脈の形を観察すると、葉に水分や養分がしっかり行きわたるように設計されていますが、イチョウの葉脈は、1本の葉脈をたどると、途中から2つに分かれ、さらに先端に行くと、また2つに分かれています。

イチョウの葉の葉脈の構造では、根本から流れ込む水分や養分は、先端に行くほど十分には供給されないように見えます。計画的に張り巡らされるように配置された一般的な植物の葉脈の構造から比べると見劣りしてしまいますが、これが古代植物のなごりでした。

貴重だったイチョウの木

学問的には、イチョウは裸子植物門イチョウ綱イチョウ目イチョウ科イチョウ属に分類されていますが、氷河期にほとんど絶滅してしまい、現在のイチョウが唯一現存する種でした。そのため、レッドリストの絶滅危惧IB類に指定されています。

絶滅危惧IB類は、ごく近い将来に野生種の絶滅が極めて高いと危惧されている「IA類」に次いで絶滅の危険性が高いものです。

確かに日本のイチョウの木の印象は強烈で、どこにでもあるように感じていましたが、神社・寺、学校の敷地内、街路樹など以外では見たことがありません。

まとめ

秋になると黄葉するイチョウは、ポピュラーな街路樹として親しまれていて「生きている化石」と呼ばれるような古代植物とは知りませんでした。

裸子植物は草食恐竜の貴重な餌でしたが、イチョウの葉や実(銀杏)には毒があります。この毒は、大量に食べないと毒性は発揮されませんが、「ギンコトキシン」と呼ばれる食中毒の原因物質が含まれています。

草食恐竜は大量に葉を食べるため、葉や実に毒を持つことで、草食恐竜から身を守っていたのでしょう。

また、イチョウの木は、街中の街路樹などに使われていて人気のある木ですから、まさか絶滅危惧種に指定されているとは考えたこともありません。

イチョウの黄葉が眩いばかりに感じられるようになったのは、年齢のせいと思っていましたが、これ程貴重な存在だったとは、これからは「黄葉の輝き」で周りが見えなくなるかもしれません。