江戸時代にアオサギを妖怪と認識するようになった背景とは?

アオサギ

アオサギ

江戸時代にアオサギを「妖怪」として扱うようになった理由について、「穀霊として崇められていた動物神の時代変遷」と「夜間に活動して人々を驚かせるアオサギ」という視点でまとめてみました。普段観ているアオサギが違うように見えてくるでしょう。

アオサギのイメージ

アオサギは、とっても背の高い痩(や)せた鳥ですが、清流の中でじっとして動かないため、まるでオブジェのようにも見えます。

アオサギは、大きな体の鳥ですが背中の色がくすんだ青のような灰色で、あまり目立ちません。川や田んぼの水面を覗くようにして長時間同じ姿勢をしていることが多いので見ても気づかないかもしれません。

アオサギの生態

アオサギは、ペリカン目、サギ科、サギ亜科、アオサギ属に分類されている鳥で、夏場になるとユーラシア大陸の中緯度地方で繁殖しますが、冬季はアフリカ大陸の中部や東南アジアで越冬する渡り鳥でした。

日本に飛来するアオサギは、「亜種アオサギ」で夏鳥として繁殖のため北海道に飛来するものと、冬鳥として九州以南で越冬するものがいます。ただし、本州や四国のアオサギは、留鳥として一年中生息しているようです。

「亜種アオサギ」は、ヨーロッパやアフリカに生息する「基亜種(最初に学会に登録された亜種)」に比べて、やや淡色と言われています。

《大きさ》
アオサギのクチバシの先から尾羽の先までの長さは、1メートル弱のサイズがあります。日本に生息するサギ類の中では最も背が高くて脚も長い鳥です。

《食べ物》
アオサギは、魚、両生類、爬虫類、水生昆虫などを食べる肉食で、口に入る動くものなら何でも食べてしまいます。

《獲物の獲り方》
アオサギの狩りは、アフリカのハシビロコウのように「待ち伏せ」する時と、「ゆっくり歩行」しながら獲物を獲る2つの方法があります。

《鳴き声》
アオサギは、スマートな体形からは想像できませんが、うるさい悲鳴のような声で「ギャー・グワーッ」と鳴きます。

《巣》
アオサギは、他のサギ種が繁殖する近くで、高い樹上に枝を集めて皿型の巣を作ります。「サギ山」と呼ばれる集団営巣地の近くに行くと、あまりにもサギたちの声がうるさくて逃げ出したくなります。

《ちょっと変わった習性》
アオサギは、夜行性の鳥ではなく「フクロウ」のように夜間でも目が見えるわけではありませんが、月夜で照らされた引き潮の浜辺などには、多くのアオサギが魚を採りにやってくるようです。

シラサギ類は昼間しか活動しませんが、アオサギも昼行性ですが、明るい月夜などでは空を飛んで、「ギョエー」というような悲鳴のような声を出して人を驚かせます。

尚、夜行性のゴイサギは、夜間だけでは十分なエサ取りができなかった子育ての時期などに昼間も活動すると言われています。

アオサギは妖怪と言われていた!

妖怪や化け物の物語が流行してもてはやされた江戸時代には、アオサギを妖怪とした物語本が読まれていました。

1779年(安永8年)の「今昔画図続百鬼」には、樹上のアオサギの体から妖しい光を放つ絵とともに、「夜間に飛ぶアオサギは、尖ったクチバシで羽と目を光らせ、すさまじい姿になる」との説明文が付いています。

アオサギが妖怪と言われた理由

アオサギが妖怪と言われるようになったのは、怖い物の読み物が流行った江戸時代からですが、「河童」や他の化け物とともにアオサギが選ばれた理由は、次のようなことが考えられます。

妖怪と言われる理由

  • 古代日本で穀霊として崇められていた動物神の時代変遷
    古代日本ではさまざまな物に神の存在が宿るとされ、田んぼにやってくるサギ類を穀霊の一つとしてあがめていましたが、時代の経過とともに動物神の多くは、「妖怪」に転じられてしまいました。そのような経緯でアオサギも、いつしか「妖怪」と言われるようになったのでしょう
  • 夜間に活動するアオサギ
    アオサギは、夜行性ではないが、夜間に飛んで、上空から「ギョエー」などと恐ろしい声を出して人々を怯えさせる行動や、背の高いアオサギが薄暗い水辺でジイッとたたずむ様子などから、アオサギを妖怪と認識するようになったのでしょう。

まとめ

アオサギは、日本の田んぼや川などで普通に見られる大きな鳥ですが、江戸時代には妖怪として多くの物語に登場しています。

江戸時代にアオサギを「妖怪」として扱うようになった理由は、さまざまでしょうが、この記事では、「穀霊として崇められていた動物神の時代変遷」と「大きな鳥が夜間に活動して人々を驚かせるアオサギ」という視点で考えてみました。

普段目にするアオサギが、ちょっと違って見えてきたでしょう。