植物と恐竜との闘い|恐竜絶滅のもう一つのストーリー

ソテツ

ソテツ

大型の恐竜が地球上に存在したことは信じがたい事実です。恐竜たちが絶滅した有力な仮説は、「小惑星の衝突説」ですが、生き残った他の生き物たちへの説明が貧弱です。この記事では、草食恐竜の主食植物による反撃説を紹介して、恐竜絶滅のシナリオを検討しています。きっと楽しんで頂けると思います。

植物から見た恐竜の食害

地球上の生物は、全て植物の恩恵のもとに生きています。肉食動物は草食動物を食べることで結局は、植物を食べているからです。

この構図は、巨大な肉食恐竜も同じでした。肉食恐竜は、草木を食べる草食恐竜を食べることで命をつないでいたからです。これは、植物から見ると動物による食害です。

恐竜が繁栄した中生代ジュラ紀後期から白亜紀にかけて裸子植物は、恐竜に食べられないように大型化しましたが、直ぐに草食恐竜も巨大化していきました。シダ類のような裸子植物は草食恐竜の主食でした。

恐竜絶滅を呼び込んだ植物の反撃とは?

現在、恐竜絶滅のシナリオとして最も有力な仮説は、小惑星の地球への衝突に伴う、粉塵まきあげによる地球環境の寒冷化説です。

恐竜絶滅の仮説は、さまざまなものがあってそれぞれ興味をそそられますが、小惑星衝突説の次に有力な仮説は、有毒成分を持った植物の反撃説です。

イラクサ(被子植物)

イラクサ(被子植物)

《有毒成分を持った被子植物による恐竜絶滅》
恐竜が繁栄する中で、植物も漫然と草食恐竜の主食になっていたわけではありません。

草食恐竜に対抗するかのように出現したのは被子植物です。被子植物は、白亜紀の初め頃の寒冷化していく地球で生まれ、大型の木本から小さな草本へと進化を遂げています。

植物は小型化して草本になると、直ぐに成長して花を付けられるようになります。昆虫による虫媒花(ちゅうばいか)も助けとなって、短いサイクルで世代交代できるようになりました。

短サイクルの世代交代は、進化のスピードを加速します。

被子植物は、草食恐竜に食べられないために、消化吸収できないことを模索していきます。やがて、被子植物は進化して「アルカロイド」という毒成分を身につけました。

草食恐竜は、被子植物が毒成分を身につけても毒成分を見分けることができなかったのでしょう。哺乳類は、毒を苦味などで認識できますが、爬虫類には判らないと言われています。恐らく草食恐竜も、毒を見分けることができないで大量に食べてしまって中毒死したのでしょう。

草食恐竜は進化の速い被子植物に対応できなかったため絶滅してしまったと考えても良いでしょう。

まとめ

私は、子供の頃から巨大な恐竜のことが大好きでした。大きくて、強くて、怖そうな生物が地球上に存在していたことを想像するだけでワクワクします。

そんな巨大恐竜が何故絶滅してしまったのでしょうか?

地球への隕石衝突のニュースにふれるたびに、「小惑星の地球への衝突説」は、最も有力な現実的な仮説だろうと思っています。

しかし、恐竜が絶滅した時期にも、生き残った生き物は存在します。そこで恐竜絶滅のシナリオを次のように想像してみました。

小惑星の地球への衝突でも熱風や巨大津波によって壊滅した地域と、災害を免れた地域に分かれるでしょう。難を逃れた地域の恐竜たちも徐々に地球環境の寒冷化にさらされます。地球の寒冷化の進行は、小惑星の衝突による粉塵まきあげによって太陽光線がさえぎられるためでしょう。

その後、被子植物による反撃でとどめを刺されたのではないでしょうか。