クチバシの動きは脳の進化を促すが、鳥は脳の肥大化を拒絶していた!

クチバシ

鳥のクチバシは、ピンセットのような役割をして「食べる」「羽繕い(はずくろい)」「感じること」「物を持ち上げる」などが出来て、さらに脳の進化を促すでしょう。ところが、鳥には脳の進化をすることで、手放したくないものがあります。

鳥のクチバシの役割

鳥類は進化の過程で、手指を羽にして飛行する道を選びました。そのため、人の手指のようなもので自由に微細な作業をすることはできませんが、鳥はクチバシを使って手指に匹敵するようなことをしています。

クチバシの機能を列挙すると次のようにさまざまなことが出来ます。

  • 羽繕い
  • 突く、突き刺す、剥がす、壊す、つぶす、割る
  • 餌を食べる
  • ヒナに餌を与える
  • クチバシと舌で、味・温度・触感 固さ等を感じる
  • クチバシで持ち上げて、投げる
  • クチバシを細い枝などにくわえてぶら下がる
  • 巣作りをする

簡単に機能を述べましたが、それぞれの項目は、考えている以上に大変な作業です。

《羽繕い》
羽繕いは、鳥の能力を適正に保つ上で無くてはならないものです。鳥の腰部にある尾脂腺(びしせん)は脂を分泌していて、クチバシで分泌された脂を羽毛に塗る作業をしています。
こんな細かい作業を、首を回してクチバシで行っています。

水鳥では、水中に入っても水を弾くことができるし、山地で過ごす鳥にとっても、雨などからの防水は必須です。さらに飛翔力や保温力を維持するには羽繕いによる日常のメンテナンスは欠かすことができません。これを毎日、全ての羽毛に行っていることを考えると大変さが判ると思います。

《ヒナへの給餌》
鳥類を観察している方なら御存じでしょうが、生まれたばかりのヒナは、思っている以上に小さくて目も開けていません。そして餌をねだる時には小さな口を目いっぱい広げて絶えず動いています。そんな小さなクチバシの中に、ヒナが食べられるように餌を投入するのは大変だと思います。親鳥は、クチバシでヒナ達への給餌(きゅうじ)をすばやく行うことができます。

このような作業をするクチバシは、精密模型の組立や、外科手術で使われるピンセットのような働きに相当するでしょう。

クチバシの微細作業と脳の発達

人は、指を使うことで脳を発達させたと言われていますが、鳥類のクチバシも同様に鳥の脳を進化させたことでしょう。

カラスは、細い枝をクチバシで挟んで樹木の虫穴に差し込み、虫を捕獲すると言われています。インコやオウムは、クチバシを手のように扱って体をぶら下げることだってできます。

カラス、オウム、インコなどの頭脳の発達した鳥は、クチバシを働かせることで脳の発達を促し、脳の進化によって、さらにクチバシを精密に動かせるようになったのでしょう。

まとめ

鳥類は、クチバシを手のように扱うことで脳を進化させてきたのだと考えられます。脳の進化は、さらなるクチバシの精細な運動能力の向上を促します。するとさらなる脳の進化が生まれるでしょう。これはまさに正帰還(せいきかん)で、どんどん頭脳が進化することになります。

ところが、鳥は飛行する能力を得るために、体を軽量化しました。人のように脳を肥大化させることは出来ません。

鳥をライバルと考えると、人類にとっては幸いだったのかもしれません。