食中植物が虫を捕まえなければならない理由とは?

食中植物

食中植物

虫を捕まえて養分にする食中植物も、光合成で生きることに必要なエネルギーは確保できています。この記事では、虫を養分にしなければならない理由について、食中植物の事情という観点で推測しています。

食中植物の種類と虫の捕獲方法

虫を捕まえて食べてしまう食中植物には、何か神秘的で興味をそそられます。次に代表的な食中植物と、虫の捕獲方法を紹介します。

 

《ハエトリソウ》

ハエトリソウ

ハエトリソウ

ハエトリソウは、直射日光が好きな湿地帯で生育する食中植物です。二枚貝のような葉を閉じて虫を捕獲します。サメの歯のようにも見える葉っぱで獲物を捕らえる時の動きは、観る人を魅了します。

葉の感覚毛に触れると、約0.5秒のスピードでサメのような口の葉を閉じるため何度も試したくなりますが、ハエトリソウにとっては葉を動かすので相当のエネルギーを消費しています。そのため、餌を与えないで葉を動かしていると、黒く変色して枯れてしまうこともあるようです。

《ウツボカズラ》

ウツボカズラ

ウツボカズラ

ウツボカズラは、湿地性の植物で、ツボのような形の捕虫器をぶら下げているツル植物です。葉を変形させた捕虫器の中には消化液が入っていて、虫が落ちると養分を吸い取ってしまいます。ジャングルにあるウツボカズラのツボの底には、昆虫の外骨格などが沈んでいるそうです。

《モウセンゴケ》

モウセンゴケ

モウセンゴケ

モウセンゴケは湿原などで生育する多年草です。ウツボカズラとは姿形は違いますが、ウツボカズラ目に分類されている食中植物です。

モウセンゴケの葉っぱには、腺毛が生えていて先端がネバネバしています。葉っぱに虫がとまると腺毛のネバネバに捕らえられて動けなくなります。

虫を捕らえると、モウセンゴケの葉っぱや腺毛は、ゆっくりと虫を包み込むように曲がって消化酵素を出し、分解・吸収してしまいます。

食虫植物が虫を捕獲しなければならない事情

野生環境では人が育てる野菜などと違って、飼料などは供給してもらえません。そのため、植物の生育環境によっては、花を咲かせる栄養も足りないことがあります。そのような場合は、必要な栄養が確保できるまで数年間も花を咲かせません。

どこにでも生えてくる雑草の草取りをしていると、植物の生命力には驚かされますが、自然環境で、子孫を絶やさないようにして生き残るのは大変な努力をしているからです。

また、植物同士の生存競争もあることから、植物が密集している環境は好ましくありません。逆に、他の植物が好まない環境を見つければ、自由に繁栄することもできます。

そのため、食中植物は他の植物が好まない養分の少ない土壌に生育して、そのかわりに不足した栄養分は虫などから補給する方法を選んだのでしょう。

 

湿地帯の栄養分は少ないの?

代表的な食中植物は、湿地帯を好んで生育環境にしています。食中植物は養分の少ない所に生育するため、虫から養分を補給しています。それでは、湿地帯は養分が少ないのでしょうか?

湿地帯の栄養分は一般的には豊富と言われていますが、冷涼な場所が多くて気温が低いことから死骸などの有機物の分解速度は遅くなります。特に水没すると微生物の活性は低下してしまいます。このような環境では、有機物は分解されないで堆積して泥炭(でいたん)になってしまいます。

泥炭になると、有機物に入っている栄養塩類は閉じ込められるため、植物が栄養素として吸収することは出来なくなります。平均した湿地帯の栄養分は豊富でも、湿地帯の植物には吸収できないため、栄養分が少ない生育場所になります。

食中植物は虫を食べないと生きていけないの?

食中植物は、葉で光合成をしています。そのため、虫を食べなくても生存に必要な糖をとって生きていくことは可能でしょう。

食中植物が虫を捕るのは生存に必要なエネルギーの確保ではなく、成長を促す肥料(栄養塩)を獲得するためです。

まとめ

食中植物が虫を捕食しなければならない事情は次のようなものだったのでしょう。

食中植物は、他の植物との過当競争を避けるため栄養分を取り込みにくい湿地帯で繁殖するようになりました。

湿地帯での繁殖は、成長を促す肥料としての有機物を摂取出来ないため、これらの植物は、虫を捕獲することにしたのでしょう。