常緑樹の葉は真冬でも凍らないの?|常緑樹の工夫

常緑広葉樹

常緑広葉樹

「常緑樹」の中でも丸くて平べったい葉をした「常緑広葉樹」は、つねに緑の葉をつけています。これは、日照時間の少ない真冬でも光合成をするためですが、氷点下になる真冬でも葉を付けていられるだけの対応をしていました。

植物の葉の呼び方と特徴

「常緑樹」には、丸くて平べったい葉をした「常緑広葉樹」と、尖った針のような葉をした「針葉樹」があります。「針葉樹」のカラマツは、冬になると葉を落としますが、それ以外の「針葉樹」は落葉しません。

「落葉樹」は、冬になると葉を落としてしまう種のことで、乾いた季節のある熱帯や温帯、亜寒帯地域に分布する「落葉広葉樹」が一般的です。「針葉樹」のカラマツも落葉樹に分類されています。

常緑樹の常緑の仕組み

植物の葉は、光合成をしてエネルギーの糖を得ていますが、冬になると光合成に必要な太陽光線が届きにくくなるため、たいてい葉を落とします。

「常緑広葉樹」は、「アオキ」「アラカシ」「アカガシ」「アオガシ」「アメリカヒイラギ」などで、一年中緑の葉を付けています。これは、太陽光線の届きにくい冬でも光合成をするために葉を落とさなくて済む工夫をしていたからです。

「常緑広葉樹」の工夫とは?

真冬になると、氷点下以下になって、葉も凍ってしまいますが、葉が凍ると生きていけないため「常緑広葉樹」の葉は、真冬でも凍りつかない工夫をしていました。

《凍る温度を低くする方法》
冷蔵庫で実験をすると判りますが、水道水は普通の環境なら「0℃」で氷になります。ところが、水道水に不純物(例えば砂糖)を入れると、凍る温度(凝固点)は低くなって0℃でも凍らなくなります。

つまり、葉内の水に不純物を入れれば、「0℃」になっても凍りません。

《「常緑広葉樹」がしていたこと》
「常緑広葉樹」は、真冬に備えて葉の糖分を増やすことや、気温低下に耐えるため、葉に含まれるビタミン類やアミノ酸の含有量も増加させていました。

このように「常緑広葉樹」は、糖分とビタミン類・アミノ酸を増加させて、葉の凝固点を0℃よりも低くしていたのです。

まとめ

真冬でも緑の葉をつけている「常緑広葉樹」は、冬の寒さで凍らないように、葉内の糖分とビタミン類・アミノ酸を増やしていました。

《冬に出荷される野菜などの工夫》
冬に出荷される野菜などでは、「常緑広葉樹」が凍り付かないようにする工夫と、同じ手法で野菜を美味しくすることをしていました。

  • 温室栽培野菜に対して、出荷前の一定期間に寒風をさらして糖分やビタミン類・アミノ酸を増加。
  • 雪下ニンジンと呼ばれるニンジンの糖度は普通のニンジンの2倍もあると言われています。雪下ニンジンは秋に収穫しないで、雪に埋もらせていたものです。
  • 富山県では厳しい冬の気候を生かすため、さまざまな野菜を寒さにさらして、糖分やアミノ酸、ビタミン類を増やして美味しくした野菜作りをしていました。

テレビ番組などでもダイコンなどを雪に埋めると甘みが増しておいしくなることを紹介していました。植物は、真冬の寒さでも凍らせないために糖分などを増やすことで凝固点を低くすることを知っていたようです。

改めて、生き物たちの生きるための工夫に驚かされました。