アジサイの花の色が変化する理由|花のような萼片(がくへん)

青いアジサイ

青いアジサイ

アジサイの花の色が変わるのは土壌が酸性なのか、アルカリ性なのかで決まると言われてきましたが、実情と合わないことが多く、さまざまな説がありました。近年ではアルミニウムイオンが結合して、アジサイの花の色が青色になることが判ってきました。

▼目次

  1. アジサイの花
  2. アジサイの花の色が変化する理由
  3. ・アルミニウムを取り込むとアジサイの花の色は変わる
  4. ・・アルミニウムを取り込むと青色になる理由
  5. ポイントのまとめ

アジサイの花

アジサイの花の色は、白や青、赤系など様々な色があります。しかも、咲いている場所などで変化すると言われています。

ただし、花のように見える部分は、本当の花ではなくて、飾り花(装飾花)と呼ばれるものです。現在、普通に見られるアジサイの多くは、装飾花が目立ちます。ガクアジサイという野生種から作り出された園芸品種と言われています。

アジサイは、萼片(がくへん)が大きく開いて綺麗(きれい)な色を付けるため、花びらのように見えます。本来のアジサイの花は、装飾花の中央部に小さく咲いています。(萼片は、花がツボミの時に、中の花を包むように守っている部分です)

アジサイの花の色が変化する理由

アジサイの本当の花は、あまり目立たないため、ここでは、花のように見える装飾花をアジサイの花として話を続けます。

 

・アルミニウムを取り込むとアジサイの花の色は変わる

アジサイの花の色は、植えられている土壌が酸性なのか、あるいはアルカリ性なのかで、色が変わるということではなくて、アルミニウムを取り込むので「青色」になるという説が有力です。

アジサイの花の色の変化は、リトマス試験紙の反応とは逆です。(リトマス試験紙では、酸性の場合は青色→赤色になって、アルカリ性の時には赤色→青色に変化します)

何故、リトマス試験紙の反応と逆になるのでしょうか?

アジサイの花の色素は、アントシアニンです。アントシアニンもリトマス試験紙と同様の色の変化をすることが確認されているため、アジサイの花の色は、リトマス試験紙のように土壌の酸性度(pH:ペーハー)によって決まるわけではないはずです。

 

・・アルミニウムを取り込むと青色になる理由

本来なら、色を決めているアントシアニンが、アルカリ性になった時に花びらは青色になるはずですが、日本の土壌は酸性という前提のため、リトマス試験紙の反応とは逆の色になる理由は、次のように紹介されています。

 

  • 酸性土壌がアルミニウムイオンを溶出させて、アントシアニンの補助色素がアルミニウムイオンと化学反応した結果、青色になる。

 

酸性の土壌中にあるアルミニウムは、雨が降るとイオンとなって溶けだします。するとアジサイは、アルミニウムイオンを吸収して花の色素と結びつくために、アルミニウムイオンと化学反応をして青色の花になる。これは、実験で確認されています。

ただし、アルミニウムという金属は、アルカリ性の土壌でも溶けだす性質を持っています。

アジサイの花の色が変わる理由は、次のようになります。

 

日本の土壌にはアルミニウムが含まれています。そのため、土壌が酸性でもアルカリ性でも雨が降ればアルミニウムイオンは溶出します。その結果、アルミニウムイオンは、アントシアニンの補助色素と化学反応して青色になります。

赤系色のアジサイ

赤系色のアジサイ

ヨーロッパでも品種改良によって、アジサイの花の色はさまざまですが、ヨーロッパの土壌には、アルミニウムが含まれていないため、品種改良前のアジサイの花は、赤系(赤紫色)でした。

ポイントのまとめ

アジサイは、萼片(がくへん)が大きく開いて綺麗(きれい)な色を付けるため、花びらのように見えますが、アジサイの花は、装飾花の中央部に小さく咲いているものです。

 

昔は、アジサイの花の色が変わるのは土壌が酸性なのか、アルカリ性なのかで決まると言われてきましたが、実情と合わないことが多いため実験などによってさまざまなことが確認されています。

 

その結果、土壌中にあるアルミニウムが雨などに溶けて根から吸収された結果、アジサイの色素のアントシアニンと結合(化学反応)して、青い花になることが判ってきました。