花・野草

可憐に咲く早春の妖精と言われるセツブンソウの魅力

可憐なセツブンソウ (1)

セツブンソウは、寒い時期に可憐な花を咲かせます。まるで、妖精のようだと表現されます。この記事では、セツブンソウの概要や魅力を紹介しています。閉塞感のある世界ですが、早春の妖精と言われるセツブンソウに触れることで気持ちは和らぐでしょう。

 

セツブンソウとはどんな花なの?

セツブンソウは、2月から3月に小さくて可憐な白い花を咲かせます。

名前の由来は、早春に芽をだして、節分の時期に花を咲かせるからだと言われていますが、関東の山野では、3月頃に咲きます。
寒い時期に小さな背丈で健気に咲く花は、まさに妖精です。
しかも開花すると、あっという間に枯れてしまいます。また、来年まで待たなければならないと思うと、逢いたい気持ちは募ります。

 

開発による環境破壊だけでなく、愛好家による乱獲も多いのでしょう。そんなセツブンソウですから、今では、大幅に数を減らして、準絶滅危惧種に指定されています。

 

主な生息地

セツブンソウは、関東地方以西の石灰岩地域を好むようです。広島県庄原市、埼玉県小鹿野町、栃木県星野の里などは有名です。中でも小鹿野町では、まるで雪が積もったかのように咲く光景が見られるそうです。

 

セツブンソウの特徴

冬の妖精冬の妖精

セツブンソウの白い花びらに見えるものは、実は、葉っぱが変形した「愕片(がくへん)」です。本当の花は、5枚の愕片の中央部にある黄色い「雄蕊(おしべ)」のように見えるものです。

本当の花は、先端部が2つに分かれた黄色い蜜線で、中央にある紫色の雄蕊を囲んでいます。

 

セツブンソウの生態や概要

花が散った後は、葉が茂り、晩春には茎葉も枯れて、地下にある球根(径1.5㎝で先端のとがった球根)の状態で眠りにつきます。そして、秋になると地下で芽を出し始めます。

生息環境・・・落葉広葉樹の林床、岩の合間など
花期・・・2〜3月(多年生)
背丈・・・5〜15㎝
花サイズ(愕片)・・・直径2センチ
学名・・・Shibateranthis pinnatifida
分類・・・被子植物門、キンポウゲ(目・科)、セツブンソウ(属・種)
原産地・・・日本

 

セツブンソウの花言葉

セツブンソウが地上に出てきて花を咲かせ、葉を茂らせるのは、3ヶ月程の短い期間です。花言葉にある「人間嫌い」はそのことを端的に表現しています。

もちろん、セツブンソウの花言葉は、「人間嫌い」だけでなく、「気品・ほほえみ・光輝」などの花や姿を表したものもあります。

 

セツブンソウの魅力

枯れた落ち葉の中や、巨石の隙間などから、小さな可憐な花が、肩を寄せ合うようにして咲く様子を観ると、今年も逢うことができて良かったと思わせてくれます。

しかも、まだ肌寒い時期に、健気にひっそりと咲いているのを見ると、それだけで心を持っていかれてしまいそうです。

 

セツブンソウの変異種

ごく稀に、白い愕片を10枚つけたものが出現します。これは、「キク咲き十弁種」と呼ばれていて、筆舌難い可愛らしさがあります。

まとめ

セツブンソウは、早春の寒い時期に妖精のように開花する花ですが、自然環境では、大幅に数を減らして、準絶滅危惧種に指定されています。

セツブンソウの魅力は書ききれませんが、どんな花なのかは分って頂けたでしょう。

ABOUT ME
nature observation
Nature Observationのサイトは2名で運営しています。一人目は写真撮影と白鳥が好きで日本全国を車で飛び回っています。最近は、無料ブログを作って楽しんでいるようです。二人目は、昆虫好きですが、写真は素人、白鳥や花の本を読んで知識は増えてきました。最近は、主にデジタル関連の、判っていそうで判りにくい内容をズバッと紹介するサイトも手掛けています。二人とも趣味の世界を謳歌している中高年のおじさんです。