白鳥

ハクチョウが数千キロメートルも飛んでシベリアに戻る理由とは

飛んでいる白鳥

ハクチョウは、シベリアなどで子育てをする。但し、シベリアは極寒地域の為、日本などの暖かい地域に飛来して越冬しなければならない。最初から日本に棲んでいれば問題ないと思うのだが、何故、数千キロメートルも離れた距離を渡らなければならないのだろう。

ハクチョウが渡りをする理由

ハクチョウは、秋になると極寒のシベリアなどから日本のような温暖地域に渡ってきて冬を過ごす。そして冬が終わると数千キロメートルも離れた故郷に戻っていく。
いっそのこと渡りなどは止めて、温暖な地域で一生過ごすことを考えた方が良いと思うが、何故、ハクチョウのような渡り鳥は、毎年渡りをするのだろう。

ハクチョウの産まれ故郷のシベリアは、夏になるとさまざまな生物が爆発的に発生する。特に、ハクチョウの餌は豊富だ。

  1. ハクチョウは、十分な食料のもとで卵を産んで子育てできる。
  2. シベリアの厳しい環境は、ハクチョウを脅かす天敵が少ない。

つまり、子育てをするハクチョウには、シベリアの春から夏の時期はベストな環境なのだ。

但し、9月頃になると、全てが氷で埋め尽くされてしまう為、数千キロメートルも飛行して、越冬することのできる日本などにやって来る。

ハクチョウが、数千キロメートルも飛行して日本に渡りをするのは、極寒の時期にはシベリアで生き残れないために、仕方のないことなのだ。

本当は、1年中シベリアで暮らしたいと思っているのだろう。これが、ハクチョウが渡りをする理由だ。

渡り鳥の分類

ハクチョウは渡り鳥だが、渡り鳥というのは、渡りを行う鳥類の総称のことで、「漂鳥(ひょうちょう)」、「旅鳥(たびどり)」、「夏鳥」、「冬鳥」などに分けられている。

『漂鳥(ひょうちょう)』
夏は、高山地域や北日本などの寒い地域で繁殖をして、冬になると里山や南日本に移動して越冬をする鳥を漂鳥と呼ぶ。(日本国内を季節移動する鳥)

漂鳥は、ウグイス、ヒヨドリ、ホオジロなど。

『旅鳥(たびどり)』
シベリアなどで繁殖して、冬には、東南アジアやオーストラリアなどで過ごすが、越冬地に向かう途中や繁殖地に帰る途中で休息するために日本に立ち寄る鳥のことを旅鳥と呼んでいる。

旅鳥は、ヤマショウビン、ハイイロミズナギドリなど。

『留鳥(りゅうちょう)』
留鳥は、スズメやカラスのように渡りをしないで、1年中だいたい同じ場所で過ごす鳥のこと。

『夏鳥』
ツバメのように春になると日本にやってきて、夏頃に繁殖し、寒くなると東南アジアなどの暖かい地域で過ごす鳥を、夏鳥。

『冬鳥』
秋に日本に渡ってきて、越冬をした後、春になると、シベリアなどに戻って繁殖をする鳥のことを冬鳥と呼んでいる。

ハクチョウ、ツル、カモなどは、冬鳥。

鳥が渡りをする理由

鳥が渡りをする主な理由は、食料の確保だろう。

川魚や雑食性の鳥は、日本では、冬になっても食べ物を獲ることができるため、移動しなくても生きていける。但し、木の実や虫などを食べている鳥は、寒い冬になると食べ物を見つけることが難しくなって、暖かい南の地域に渡りをする。

まとめ

ハクチョウが毎年、数千キロメートルも離れた地域を飛行する渡りをしなければならないのは、次のような理由だ。

  1. シベリアの夏は、十分な食べ物があって外敵も少ないため、子育てに適している。
  2. シベリアの冬は、氷に閉ざされるため、温暖な日本などで越冬しなければならない。

大きな体をしたハクチョウには、温暖な地域は、人による開発が進んだために、子育てをするための十分な食料や、安心して育てられる広大な土地などが不足している。

等々、色々考えられるが、ハクチョウは産まれ故郷のシベリアが好きなのだろう。

ABOUT ME
nature observation
Nature Observationのサイトは2名で運営しています。一人目は写真撮影と白鳥が好きで日本全国を車で飛び回っています。最近は、無料ブログを作って楽しんでいるようです。二人目は、昆虫好きですが、写真は素人、白鳥や花の本を読んで知識は増えてきました。最近は、主にデジタル関連の、判っていそうで判りにくい内容をズバッと紹介するサイトも手掛けています。二人とも趣味の世界を謳歌している中高年のおじさんです。
スポンサーリンク