ペットの小鳥に突然死が多い理由とは

ブンチョウ

ペットの小鳥が、突然かごの中で横たわっているのを見るのはショックだ。不可解な小鳥の突然死の原因を、鳥類の血圧と高脂質のエサによる影響に注目して推測した。可愛がられ過ぎる飼育環境などを考慮した大雑把なものだが、ポイントをついているだろう。

一般的な鳥の血圧はどのくらいなの?

一般的な鳥は、高血圧と言われている。米国のカーネル大学で測定したデータを次に示す。

  • ニワトリ:「最高血圧(175mHg)、最低血圧(145mHg)、平均血圧(160mHg)」
  • シチメンチョウ:「最高血圧(250mHg)、最低血圧(170mHg)」
  • カナリア:「最高血圧(220mHg)、最低血圧(150mHg)平均血圧(185mHg)」

これらのデータは、全て安静時のもので、飛び立つときには血圧値は大きく跳ね上がるだろう。

なお、食肉用に高脂質のエサを与え続けたシチメンチョウの最高血圧は、400mHgにも迫る高血圧だった。

鳥が高血圧になる理由

鳥の血液の量は、飛翔する鳥では、体重の10分の1程度だが、人は体重の13分の1ほどのため、割合的には鳥の血液の方が多いことになる。当然、血液量が多ければ高血圧になる。

鳥の血液比が人よりも多いのは、飛び立つ時などに、充分な酸素を血液にのせて体中に急激に運ぶ必要があるからだろう。

動物の血圧も、必要に応じて高くなることが確認されている。

例えば、首の長いキリンの血圧は、頭まで血流を押し上げて酸素を供給するため、最高血圧は(260mHg)、最低血圧も(160mHg)と高い。

こんなに高血圧の生き物は大丈夫なのだろうか?

ちょっと心配になるが、鳥の心臓や血管は、高血圧に耐えられるように強くて柔軟性のある構造をしている。キリンの長い首には血液が逆流しないように網目状の毛細血管があって、血圧の変化を吸収する構造になっているようだ。

鳥の寿命

自然界の鳥の寿命は、ストレスや食料不足で、誕生すると数年で命を落とす鳥もいて一概には言えないが、野生のタンチョウの寿命は、平均20年〜30年と想定されている。

飼育環境でのタンチョウは、50年〜80年と長い寿命だ。タンチョウは大型鳥のため、長生きするのだろうが、鳥類の生物学的な寿命は、思っている以上に長寿命と推測されている。

小鳥(ペット)の突然死

前日まで元気よく遊んでいた小鳥が、翌朝、かごの中に横たわっている姿を見るのはショックだが、多くの人が経験していることだ。

これは昔から、多くの飼い主を悲しませる問題で、原因も判っていない。但し、脂肪分の多いエサを与え続けると、鳥は簡単に高脂血症になることが判っている。

その為、ペットの突然死を次のように推測しても的外れではないだろう。

小鳥の突然死の推測

鳥の心臓や血管は、高血圧にも耐えられるような構造だが、高脂血症になって血管が細くなると、脳や心臓疾患は増加してしまう。

もともと高血圧の鳥類は、脂肪分の多いエサを与え続けられると直ぐに高脂血症になることも分かっている。

以上のことから、ペットとして飼われている小鳥は、高脂血症になって、脳や心臓の血管がふさがれて突然死に至ったのだろう。

まとめ

一般的な鳥は、高血圧だった。特に、食肉用として、高脂質のエサを与え続けられたシチメンチョウの最高血圧は、400mHgに迫るほどの高血圧になることが判っている。

鳥の心臓や血管は、高血圧にも耐えられるような構造だが、高脂血症になって血管が細くなると、脳や心臓疾患は増加する。

ペットの鳥に突然死が多い理由は、栄養価の高い食べ物を毎日与えられて高脂血症になってしまい、脳や心臓の血管がふさがれて突然死に至ったのだろう。

ABOUT ME
nature observation
Nature Observationのサイトは2名で運営しています。一人目は写真撮影と白鳥が好きで日本全国を車で飛び回っています。最近は、無料ブログを作って楽しんでいるようです。二人目は、昆虫好きですが、写真は素人、白鳥や花の本を読んで知識は増えてきました。最近は、主にデジタル関連の、判っていそうで判りにくい内容をズバッと紹介するサイトも手掛けています。二人とも趣味の世界を謳歌している中高年のおじさんです。
スポンサーリンク