鳥は、なぜ卵という形態で子孫を産んで育てる方法を選んだのだろう

野鳥の巣と卵

鳥は、卵を産むとき以外には巣に棲まない。巣を持つと外敵に狙われるチャンスが増えて危険だからだろう。では、鳥が敢えて巣作りをして、子孫を残す形態に卵を選んだ理由とは何だろう。この記事では、鳥が巣を作って子育てをする理由を分かり易く紹介する。

鳥の巣とは何だろう

鳥は卵を巣の中に産む。巣は、壊れやすい卵を安全に温め、卵から出てきた雛(ひな)を守ってくれる大切な場所だ。

但し、鳥の巣は、人間やアナグマ、集団生活をするアリなどが生活の基盤のために棲みかを持っているのとは違う。

鳥の巣は、昼間の疲れをとるための家ではない。夜間に就寝する所でもない。

鳥の巣は、産んだ卵とふ化したヒナを守って育てる場所のことだ。

子育てをしない時期の鳥の棲み家

大多数の小鳥の棲み家は、気に入った木の枝などにとまって、暗い夜を過ごす。水鳥は、天敵から襲撃されにくい水辺周辺の草むらなどを選んで就寝している。

彼らは、決まった棲み家を持っていない。毎日同じ場所では襲われるリスクが高まるためだろう。

では、鳥は、何故わざわざ巣を作って、自立するまでの日数を要する卵という形体を選んだのだろう。

鳥が卵を産む理由

草食動物の馬や牛、鹿などは生まれると、直ぐに立ち上がることができる。彼らが、産まれて直ぐ立ち上がれるのは、いつ襲ってくるかわからない猛獣たちから身を守るためだろう。

鳥も同じように親の体から産まれたら直ぐに移動できるのであれば、卵で産まなくてもいいのではないかと、考えてしまいそうだが

良く考えてみると、鳥にはすごい目標があった。

鳥は空を飛ぶことを第一に考えていた。…のだろう。

多くの鳥は空を飛ぶために、少しでも体重を軽くする必要があった。

成長と共に体重が増える子どもを親鳥のお腹の中で育てるわけにはいかないのだろう。

卵として体の外に産んでしまえば解決するからだ。

これが、卵で子孫を産む理由だろう。

鳥が特定の巣を作らなければならない理由

鳥には特定の棲み家はないが、子育ての時期には、外敵から卵や雛を守るために、巣を作らなければならない。

鳥たちは種に応じて、穴の中や地面の上、崖(がけ)等の高所、木の上など、さまざまな安全な場所に巣を作る。

まとめ

鳥は、普段は特定の棲み家を持っていないが、卵を産む時には、巣作りをする。

ところが、多くの鳥は空を飛行するために、常に体重を最小限にとどめなければならない。そのため、卵という形体で子孫を直ぐに体外に出して育てる道を選んだのだろう。

驚いたことに、ツバメの仲間には、出産子育ての時期意外は、全て飛んでいる種もいる。鳥にとっては飛んでいるのが一番安全で快適なのかもしれない。

ABOUT ME
nature observation
Nature Observationのサイトは2名で運営しています。一人目は写真撮影と白鳥が好きで日本全国を車で飛び回っています。最近は、無料ブログを作って楽しんでいるようです。二人目は、昆虫好きですが、写真は素人、白鳥や花の本を読んで知識は増えてきました。最近は、主にデジタル関連の、判っていそうで判りにくい内容をズバッと紹介するサイトも手掛けています。二人とも趣味の世界を謳歌している中高年のおじさんです。