タンポポ

大増殖を続けるセイヨウタンポポのしたたかな生き方

鮮やかなセイヨウタンポポ

冬の終わり頃に河川敷を散歩すると、黄色の鮮やかな花が咲いているのを見て、ほっとします。タンポポですが、殆どはセイヨウタンポポだと言われています。セイヨウタンポポは、日本に侵入後、あっという間に増殖しました。この記事では理由を紹介しています。

日本でセイヨウタンポポが大増殖した理由

セイヨウタンポポは、基本の染色体数が三倍体です。そのため、花粉を作れません。そのかわりに、二倍体のような有性生殖を経ないで、一株だけで、種をつけることができる無性生殖で子孫を増やす能力を持っています。(二倍体と三倍体の意味は後で紹介します)

無性生殖でできた子孫は、遺伝子が同一のクローンです。クローン増殖は交配の過程を経ないで子孫を作るため、余分なエネルギーをかけないで、あっという間に数を増やすことができます。

更に、セイヨウタンポポは成熟が早いだけでなく、春のみに咲く在来種と違って、春から秋まで咲くこともできます。

セイヨウタンポポは、このような在来種が持っていない優れた性質によって爆発的に増殖することができたのでしょう。

二倍体と三倍体とは何だろう

普通の生き物は、父と母からそれぞれ一組ずつ染色体をもらい受けています。このように2色の染色体を受け継いだものが二倍体です。二倍体は、有性生殖で子孫を増やしますが、3組の染色体を持つ三倍体は、正常に花粉を作ることができません。

三倍体のセイヨウタンポポは、自分と同じ遺伝子をもつ種(クローン)をばらまいて子孫を増やす能力をみにつけました。そのため、セイヨウタンポポは、無性的に子孫を作ることができます。

在来種のタンポポが単為生殖を選ばない理由

では、在来種のタンポポは、何故、優れている性質を多く持っている、単為生殖を選ばないのでしょうか?

その理由は、病気や環境の変化に対する耐性を保つためです。

セイヨウタンポポのようにクローンという手法で子孫を増やしていくと、同じ遺伝子を持つタンポポだけになってしまいますが、受粉や受精を必要としている有性生殖では様々な性質を持っているタンポポの遺伝子を引き継ぐチャンスがあります。

同じ遺伝子では、この病気には強いとか、暑さor寒さには強い等の異なった性質を持つ子孫は出現しません。

そのため、環境の変化などで、全滅してしまう可能性があるからのです。このことが、在来種のタンポポが、単為生殖を選ばない理由でしょう。

セイヨウタンポポが、鮮やかな黄色い花を咲かせる理由は?

セイヨウタンポポは、受粉や受精を必要としていませんが、とても鮮やかな黄色の花を咲かせて、受粉を手伝ってくれる「ポリネータの昆虫」を誘います。

昆虫たちは、花粉や蜜をめがけて黄色の花にやってきて、受粉をしてくれます。

でも、セイヨウタンポポは、無性生殖のため、受粉は必要ないはずです。

セイヨウタンポポは、ボランティアで昆虫たちにつくしているのでしょうか?

実は、セイヨウタンポポは、生き残るためにクローンの中に生殖能力をもつ花粉を作るものを忍び込ませていたのです。

そのため、雌としての繁殖能力を持っているカントウタンポポなどの在来品種との交配をすることができます。
つまり、セイヨウタンポポは、在来品種との雑種を作り出すこともできるのです。

新たに作り出された雑種タンポポは、セイヨウタンポポと同様に盛んに増殖して分布を拡大しています。
つまり、セイヨウタンポポは、趣味や道楽で鮮やかな黄色の花を咲かせてポリネータの昆虫たちを誘っていたのではなかったのです。生き残りをかけて子孫繁栄の道を作っていたのです。

在来種のタンポポからみた場合、通常の二倍体だけで繁栄する道から、一歩踏み出して未来の道を切り開いたといえるでしょう。

まとめ

セイヨウタンポポは、生き残りを掛けて、積極的に様々な道を探していたようです。

人間の都合ばかりを優先して、外来品種を嫌ってばかりいては、将来が開けないのかもしれません。

セイヨウタンポポは外来種ですが、とてもしたたかに生き残る道を探っていたのです。

ABOUT ME
nature observation
Nature Observationのサイトは2名で運営しています。一人目は写真撮影と白鳥が好きで日本全国を車で飛び回っています。最近は、無料ブログを作って楽しんでいるようです。二人目は、昆虫好きですが、写真は素人、白鳥や花の本を読んで知識は増えてきました。最近は、主にデジタル関連の、判っていそうで判りにくい内容をズバッと紹介するサイトも手掛けています。二人とも趣味の世界を謳歌している中高年のおじさんです。