シロアリ

シロアリはアリに似ているのに、なぜ白色なの?

シロアリ

シロアリは、ゴキブリの仲間です。アリとは違う種の昆虫ですが、体形はアリに似ていて、アリのようにコロニーで生活しています。但し、多くのシロアリは、白色です。この記事では、シロアリが白色の理由を紹介します。シロアリへの理解が深まるでしょう。

シロアリの体は、なぜ白色なの?

シロアリは、黒いアリに対して、白色です。厳密には、薄い茶色のような白色です。理由は、シロアリの外皮にメラニンが無いからです。

《メラニンの役目》
メラニンは、太陽の有害な紫外線から皮膚を守る役目をもつ色素です。メラニンは、チロシンという貴重なアミノ酸で作られていて、多くは黒褐色です。

メラニンが無いと、シロアリはどうなるの?

シロアリには、メラニンが無いため、有害な紫外線にさらされると、シロアリのDNAは傷付けられて、シロアリの腸内で共生している微生物は死滅してしまいます。そればかりか、シロアリの体内物質が有毒化すると言われています。

体内に毒が溜まったら、シロアリは生きていけません。そのため、通常のシロアリは紫外線の届かない土の中や、木の中で生活しています。

確かに、シロアリは、アリのように、餌を探すために、外を出歩くことはしません。そのため、メラニンを必要ないのでしょう。

シロアリの食べ物

シロアリの食べ物は、木材です。シロアリは、木材の主成分のセルロースを養分にしています。

そう言えば、糞の中で暮らしているカブトムシの幼虫や、樹木の穴の中にいるクワガタムシの幼虫も白色です。光が届かない深海で暮らす生き物も白色です。きっと、メラニンを持っていないのでしょう。

シロアリの体色はどのようにして決まるの?

シロアリには、メラニンが無いことは分かりました。但し、考えてみると、シロアリの外皮に黒色のメラニンが無いということは、体内が透き通って見えていたことになります。シロアリの外皮は、アリの様に外を出歩かないため、薄くて透明で、乾燥にも弱いようです。

つまり、シロアリが白く見えるのは、体内の色が白色のため、白く見えていたことになります。このことを照明した、次のような実験もあります。

《シロアリに緑色の色素をたべさせた実験》
シロアリに、緑色の色素を食べさせると、腸管が緑色に見えるようになります。これは、シロアリの外皮が透き通っているため、腸の中の色素が見えているからです。

体が黒いシロアリもいた

黒いシロアリもいました。

黒いシロアリの手足の先の方は茶色ですが、このシロアリは頭からお尻までは黒くてツヤツヤしています。これは、コウグンシロアリという種類です。

コウグンシロアリの特徴は、コロニーの外に出て隊列を組んでエサとなる地衣類を採りに行くことです。シロアリというよりも、本当のアリのような行動をするシロアリです。コウグンシロアリは、太陽光線をあびるため、メラニン色素が必要だったのでしょう。

その他、ヤマトシロアリの羽アリは、黒色です。

《コウグンシロアリが食べる地衣類とは?》
地衣類とは、菌類と藻類が、お互いを住まわせる形で、共生している特殊な生物群です。ウメノキゴケ、マツゲゴケなどは地衣類です。

まとめ

一般的なシロアリが白色に見えるのは、メラニンを持っていないため、外皮が透き通っていて、体の内部の色が見えていたからでした。

一般的なシロアリは、有害な太陽光線が届かない穴の中で生息しているため、貴重なアミノ酸を使ってまで、メラニンを生成する必要がないのでしょう。

これに対して、太陽光線を浴びてしまう「ヤマトシロアリ」の羽アリや、食べ物の地衣類を調達するために、外に出る、コウグンシロアリは、メラニンを外皮に持つ必要があったため、黒色だったのでしょう。

ABOUT ME
nature observation
Nature Observationのサイトは2名で運営しています。一人目は写真撮影と白鳥が好きで日本全国を車で飛び回っています。最近は、無料ブログを作って楽しんでいるようです。二人目は、昆虫好きですが、写真は素人、白鳥や花の本を読んで知識は増えてきました。最近は、主にデジタル関連の、判っていそうで判りにくい内容をズバッと紹介するサイトも手掛けています。二人とも趣味の世界を謳歌している中高年のおじさんです。
スポンサーリンク