アリ

研究者が見たアリの生態

アリ

アリは、昔話の中でも働き者の代表として扱われることが多いですが、いつも一生懸命働いているわけではないことは、知られています。この記事では、アリの研究者によって観察された、アリの生活の一場面を紹介しています。アリが、身近に感じられるでしょう。

研究者が見たアリの生態

アリを観察すると、いつも忙しそうに動き回っています。イソップ物語の「アリとキリギリス」や、旧約聖書のアリも、働き者として描かれています。
ところが、アリの研究者によると、現実は違いました。

以下の内容は、研究者が観察して確認されたものです。

アリの寿命

「働きアリ」は、全てメスアリで、寿命は1年から2年程です。これは、アリの種類によるものではなく、アリの役職で決まります。

女王アリも、働きアリになるタマゴから生まれますが、寿命は10年から20年程度と長寿です。どんなタイミングで何をすれば女王アリになるのかは、まだ確認されていません。
(ミツバチの場合は、ローヤルゼリーのみで育てられた個体が女王蜂になることが知られていますが、アリについては、まだわかっていないそうです。)

また、女王アリが長寿な理由も「栄養が豊富な食べ物を食べているため?」或いは、「抗酸化物質を体内にもっているため?」などという推定に留まっています。

外を出歩くアリはどんなアリなの?

外に出てエサを探すなどしている働きアリは、主にベテランのアリです。巣全体の3〜5%程と言われています。思っている以上に少ないですが、巣の中には外を出歩くアリの20倍以上もの働きアリたちがいることになります。(アリの巣内には、普段目にするアリの20倍もいるらしい。)

つまり、巣内にいる若い働きアリは、巣の中の仕事が中心です。

考えてみれば巣の外は、危険な場所です。アリは、役割分担する組織社会ですから、経験豊富なベテランのアリが外で働くのは、理にかなっているのでしょう。

人工巣を観察して、確認されたこと

研究者が、アリを観察するための人工儀巣(じんこうぎそう)を作って飼育観察した結果、次のことが確認されています。(人工蟻巣は、働きアリと女王アリを含めたコロニーとして製作されています。)

  • 巣内の「働きアリ」は、お互いに寄りそって、じっとしている。
  • 巣内の「働きアリ」が忙しく働く時は、幼虫を育てなければならない時期や、餌(えさ)を取り込む時、または巣が外敵に襲われた場合などだった。
  • 巣の外で、働きアリが盛んに活動するのは、春から夏の時期に幼虫が食べ物を必要としている時だった。
  • 外で活動するアリは、仕事を終えると、巣に戻るが、暫く巣の入口付近で休憩しているようなアリもいた。まるで、仕事帰りのサラリーマンが軽く酒を飲んでから、帰宅するようです。

まとめ

アリの社会は階級制度がきっちりしています。普通に外で見かけるようなアリは、どの種類のアリも「働きアリ」の階級です。「働きアリ」は、働くことに特化していて、飛ぶための翅(はね)や、その他のパーツは持っていません(無くなっています)。

ちょっと可哀想ですが、「働きアリ」は消耗品のような存在です。

こんな、働きアリは、いつも忙しそうに動き回っていて、物語や、旧約聖書でも、働き者として描かれています。
ところが、アリの研究者によると、現実は違いました。

アリの行動の意味は、判っていないことが多いのですが、どうやらアリが一生懸命働くのは、必要にせまられた場合に限られていました。

アリも、食うか食われるかの自然界で、生存競争をしているのですから、無駄なエネルギーは使わないで緊急時のために備えているのでしょう。

サイボーグのように見えるアリも、普通の生物でした。ちょっと、ホットしました。

ABOUT ME
nature observation
Nature Observationのサイトは2名で運営しています。一人目は写真撮影と白鳥が好きで日本全国を車で飛び回っています。最近は、無料ブログを作って楽しんでいるようです。二人目は、昆虫好きですが、写真は素人、白鳥や花の本を読んで知識は増えてきました。最近は、主にデジタル関連の、判っていそうで判りにくい内容をズバッと紹介するサイトも手掛けています。二人とも趣味の世界を謳歌している中高年のおじさんです。
スポンサーリンク