白鳥

コクチョウは、家族思いのやさしいスワン

黒鳥の家族

コクチョウ(黒鳥)の羽の色は白ではありませんが、ハクチョウ(白鳥)と同じような容姿です。羽の色は黒色で、くちばしは赤色です。そこが、白い羽と黄色のクチバシのハクチョウとの違いです。コクチョウの大きさは、コハクチョウと同じくらいのサイズです。

コクチョウは、家族思いのやさしいスワン

コクチョウは、人懐こくて親しみやすい鳥ですが、それは子育てにも現れています。

一生同じ夫婦で連れ添い、抱卵も夫婦で行います。そして雛(ひな)が飛べるくらいになると、家族一緒に、エサを探しに出かけます。

では、コクチョウとはどんな鳥なのでしょう。

コクチョウとはどんな鳥なの?

コクチョウもハクチョウも、カモ目カモ科ハクチョウ族の同じ仲間ですが、コクチョウは、オーストラリアやタスマニア島、ニュージーランドなどで生息しています。

コクチョウは渡り鳥ではありませんが、季節の変化や環境の変化で移動をする漂鳥と言われています。

ハクチョウは、寒い冬の間だけシベリア等から越冬のために、日本に飛来しますが、コクチョウは渡り鳥ではありません。そのため、日本の湖沼にいるコクチョウは、動物園などから逃げた個体だろうと言われています。

コクチョウの羽色

コクチョウの幼鳥は灰色のような白系の羽で、くちばしの色は黒色です。これが成長とともに、黒の羽と赤色のくちばしに変わっていきます。

但し、コクチョウの親鳥も羽を広げると、初列風切羽から二列風切羽の外側の羽は白色です。

コクチョウの面白いお話し

面白い逸話があります。

昔のヨーロッパでは、スワン(ハクチョウ)は、黒色の羽をしたものなどは絶対にいないと信じられていました。

しかも「無駄な努力を表現する時には、黒い白鳥(ブラックスワン)を探すようなものだ」ということわざまであったそうです。

1697年にオーストラリアでブラックスワンが発見された時には、ヨーロッパ中の人々が唖然としたそうです。(絶対に存在しないものとして、わざわざブラックスワンという言葉まで作っていたのですから、本当に驚いたでしょうね)

1697年の発見から、ブラックスワンという言葉は、「物事を一変させること」や「自分を絶対視しないこと」の象徴として使われようになったそうです。

その後、「ブラックスワン理論」は、ありえないと思われていたことが起きてしまった場合に、その影響は特別激しくなるという理論として、提唱されるようになりました。

まとめ

コクチョウは羽の色が黒ですが、姿形はハクチョウとほぼ同じです。ただし、コクチョウは渡りをしないで生涯、オーストラリアやタスマニア島、ニュージーランドなどで生息する漂鳥です。

漂鳥とは、季節の変化や環境の変化で移動をする鳥です。

日本の湖沼にいるコクチョウは、ハクチョウの集団から離れたところに寂しそうに、ポツンといることが多いですが、家族思いのコクチョウにとっては、本当に寂しいのかもしれません。
コクチョウを見かけたら特に優しく接したいですね。

ABOUT ME
nature observation
Nature Observationのサイトは2名で運営しています。一人目は写真撮影と白鳥が好きで日本全国を車で飛び回っています。最近は、無料ブログを作って楽しんでいるようです。二人目は、昆虫好きですが、写真は素人、白鳥や花の本を読んで知識は増えてきました。最近は、主にデジタル関連の、判っていそうで判りにくい内容をズバッと紹介するサイトも手掛けています。二人とも趣味の世界を謳歌している中高年のおじさんです。
スポンサーリンク