白鳥

心拍数から算出したハクチョウの寿命

飛び立つ白鳥

ハクチョウの寿命は、諸説あります。実際に自然界のハクチョウの寿命を実測データで示すことは困難のため、さまざまな方法で推測されています。その中の一つの仮説に、心拍数との関係で求めたものがありました。ちょっと面白いので、算出結果を紹介します。

心拍数から算出したハクチョウの寿命

地球上の生物の心拍数と呼吸数には一定の関係があって、その比は、4:1と言われています。この関係を利用して、下記のようにハクチョウの寿命推定をしています。

ハクチョウの寿命推定結果

ハクチョウの寿命推定をするに際しての、前提を次のように仮定して算出しています。

  • 鳥類の心拍数
    鳥類の臓器機能の細胞角質から耐用数値を考察すると、12億回と言われています。
  • 生涯の呼吸数
    地球上の生物の心拍数と呼吸数との関係は(4:1)と言われています。これを適用すると、鳥類の一生の呼吸数は、3億回です。(12億回の1/4)
  • 1分当たりの呼吸数
    飼育下のハクチョウの心拍数は(80回/分)というデータがあります。心拍数の1/4が呼吸数のため、ハクチョウの1分当たりの呼吸数は、20回になります。

これらの数値を使ってハクチョウの寿命を算出すると、次のような結果になります。

  1. 1日あたりの呼吸数
    20(回/分)×60(分)×24(時間)=28,800回です。
  2. 生涯の日数
    3億回呼吸すると「寿命」と仮定した場合は、3(億回)/28,800(回/日)=10,417(日間)
  3. 寿命
    1年(365日)のため、10,417(日間)/365(日)=28.5年(推定)

ところが、実際には、渡りもするし、毎日のねぐらや、エサ場等の移動もあるため、かなりのエネルギーを消費する飛行活動をしています。これらを一定の仮定で考慮して算出すると、ハクチョウの寿命は22.6年と推定されます。

これは、色々な仮定条件を設定した上で、事故死などは除外して算出したものですが、当たらずも遠からずと思えるような結果でした。

実際は難しいハクチョウの寿命推定

野生の鳥の寿命は、調べるのは困難です。

自然界では、タマゴで生まれても直ぐに天敵に食べられることや、悪天候、病気などのため、タマゴやヒナから一人前になる前に亡くなってしまうことが多いため平均寿命は極端に短くなってしまいます。

さらに、成長した鳥の活動範囲は広いため寿命のモニターは容易ではありません。

自然界のハクチョウは遠方より渡りをしていて、毎年同じ場所に飛来するとも限りません。しかも集団で行動するハクチョウの個体を特定することも難しいため、自然界のハクチョウの寿命をモニターするのは、不可能でしょう。

実際のハクチョウの寿命を確認することは困難ですが、心拍数から寿命を推定する方法がありました。

まとめ

自然界のハクチョウの寿命をモニターするのは困難なため、生物の心拍数と呼吸数との関係(4:1)から寿命を算出しました。

結果は、28.5年でした。さらに、実際のハクチョウの活動などを考慮すると、ハクチョウの寿命は、22.6年と推定されました。自然界のハクチョウの平均的な寿命は、(15年)、長寿のハクチョウは、20年程度と言われていて、生物の心拍数と呼吸数との関係(4:1)から算出した寿命と近いことがわかりました。

ちなみに人間の場合で算出すると、先進国では、実際の方が長寿です。これからも寿命は延びるでしょう。

日本人の場合は肉食になってから大幅に寿命が延びたと言われていますが、実際にはさまざまな要因が影響しているため、「心拍数と呼吸数との関係」からだけから寿命推定するのは、無理があるのでしょう。

ABOUT ME
nature observation
Nature Observationのサイトは2名で運営しています。一人目は写真撮影と白鳥が好きで日本全国を車で飛び回っています。最近は、無料ブログを作って楽しんでいるようです。二人目は、昆虫好きですが、写真は素人、白鳥や花の本を読んで知識は増えてきました。最近は、主にデジタル関連の、判っていそうで判りにくい内容をズバッと紹介するサイトも手掛けています。二人とも趣味の世界を謳歌している中高年のおじさんです。
スポンサーリンク