昆虫・虫

カタツムリが日向を避ける理由と貝殻のないナメクジとの関係

カタツムリ

貝殻を持っているカタツムリが日向(ひなた)を避ける理由と、貝殻を持っていないナメクジとの関係について、紹介しています。カタツムリやナメクジは、当り前のような存在ですが、あまり知らない生物でした。きっと、何時もと違うひと時が過ごせるでしょう。

カタツムリは陸に進出した巻貝

地球の古い歴史を見ると、4億年前にオゾン層が地球の周りを覆ってから多くの海の生物たちが地上に進出しました。オゾン層は、生物に有害な太陽光線の紫外線量を少なくしたのです。

この時代に、カタツムリも陸上に進出してきたと考えられています。生物学的には、カタツムリという生物は、陸に上がった巻貝を指していて、殻の形が細長くないものがカタツムリと呼ばれていました。

カタツムリという名称は、正式なものではなかったようです。

カタツムリの生物的な分類は、軟体動物門腹足綱(ふくそくこう)の有肺亜綱に属しています。生物学な分類で、これ程素直に分かりやすく表現されていると、可笑しくて楽しくなります。

ではナメクジとは何でしょうか?

ナメクジという呼び名は、カタツムリと同じグループだった生物の中で、貝殻が退化して無くなってしまったものを、ナメクジと呼んでいます。

つまり、マメクジも軟体動物門腹足綱(ふくそくこう)の有肺亜綱に属しています。

腹足綱

腹足綱というのは、腹面が幅広い足になっていて、幅広足で這(は)うように歩く生き物のことです。アワビや、サザエなどの貝は、この仲間に分類されています

有肺亜綱

カタツムリやナメクジは有肺亜綱に属していて、読んで字のごとく肺を持っています。当然、肺呼吸です。

主に陸生の巻貝で、エラを持たない代わりに外套膜(がいとうまく)が変化した肺で呼吸をしています。

カタツムリは、オゾン層が出来た頃に、太陽からの強烈な紫外線が弱くなったために、海から陸上に進出してきた生き物でした。ナメクジはカタツムリの貝殻を無くしてしまった系列です。

確かにナメクジには日射しを遮(さえぎ)る貝殻がないので、日向(ひなた)に出られないのは理解できます。

しかし貝殻を背中に持っているカタツムリも日向を避けるのは何故でしょうか?

カタツムリの貝殻とは?

カタツムリの貝殻は、内臓を覆(おお)うように外套膜(がいとうまく)が背中側にあります。外套膜からは、炭酸カルシウムが分泌されて貝殻が形成されます。

つまり、貝殻の成分は炭酸カルシウムですが、炭酸カルシウムには、可視光線や紫外線を透過してしまう性質があります。

もちろん貝殻に着いている色素には、紫外線を吸収する効果はありますが、色素量は十分ではありません。

海の中では海水があるため、紫外線や強烈な日射しは、挿しこみません。貝殻には機械的な強度があるので、柔らかい体を守る役目をはたしていたのでしょう。

カタツムリが日向を避ける理由とナメクジの本音

貝殻を持っているカタツムリが日向を避けるのは、貝殻が強い日射しや、有害な紫外線を透過させてしまうためでした。

では、カタツムリから貝殻を失くしてしまったナメクジにとってのメリットは次のようなものでしょう。

  1. 貝殻を作る必要が無くなるため、余分なエネルギーを使わなくて済む。
  2. 背中の貝殻が無くなると、狭い場所にも入り込めるようになって自由度が増す。

ナメクジは、貝殻が紫外線を透過させてしまうのなら、いっそのこと貝殻なんていらないと考えたのかもしれません。

ただし、貝殻があれば、貝殻がない時に比べて、体から逃げていく水分を体内に閉じ込める役目もしています。

そのため、一旦は貝殻を捨ててしまったナメクジの中には、再び貝殻を作ろうとしている仲間もいます。(気持ちは分かりますね)

まとめ

貝殻を持っているカタツムリが日向(ひなた)を避けるのは、貝殻が強い日射しや、有害な紫外線を透過させてしまうためでした。

ナメクジはカタツムリと同じ仲間の生物ですが、進化の過程で、貝殻を捨ててしまいました。

理由は、貝殻では、必要な紫外線量を遮断しきれないため、貝殻を作るために必要なエネルギー量との比較で、メリットが少ないと考えたのでしょう。

ABOUT ME
nature observation
Nature Observationのサイトは2名で運営しています。一人目は写真撮影と白鳥が好きで日本全国を車で飛び回っています。最近は、無料ブログを作って楽しんでいるようです。二人目は、昆虫好きですが、写真は素人、白鳥や花の本を読んで知識は増えてきました。最近は、主にデジタル関連の、判っていそうで判りにくい内容をズバッと紹介するサイトも手掛けています。二人とも趣味の世界を謳歌している中高年のおじさんです。
スポンサーリンク