昆虫・虫

6月だけ活動するツンドラ地帯の蛾

寒冷地

北極圏のツンドラ地帯に生息する蛾の幼虫は、凍り付いた状態になると、-70℃でも生存する凄い虫です。この蛾の幼虫は、日照時間の最も長い6月の1ヶ月間だけ活動しますが、暮らしぶりもユニークで、1日の大半は、ひなたぼっこで、残りはエサ探しです。

北極圏に棲んでいる蛾

蛾(ガ)のイメージは、暑い夏の夕暮れ時に、暗い森の奥に潜んでいて、夕暮れになると街頭に引き寄せられて飛んでくる虫、というような印象です。

ところが、永久凍土に覆われたカナダ北部の島からグリーンランドのツンドラ地帯に生息している蛾は、想像できないような過酷な条件で暮らしています。

「ハイアークティックモス」と呼ばれる蛾です。名称は、スマートですが、この蛾は、6月の1ヶ月間だけ活動して、残りの11ヶ月間は冬眠しています。

ハイアークティックモスとはどんな蛾なの?

ハイアークティックモスの姿は、2㎝程の大きさの焦げ茶色をした普通の蛾です。

ハイアークティックモスが棲んでいるグリーンランドの冬の気温は-20℃から-10℃で、夏でも+10℃以上になることは稀と言われるような寒い気候です。

こんなに寒いところに産み落とされたハイアークティックモスの幼虫は、凍り付いた状態になると、-70℃でも生存できると言われています。

なお、グリーンランドの最低気温は、1950年代に-70℃の記録があります。

ハイアークティックモスの生活

「ハイアークティックモス」が活動するのは、6月の1ヶ月間だけです。この地域では、6月が年間を通じて最も日照時間が長いからです。

ハイアークティックモスの成虫は、6月に卵を産みますが、成虫になる前は、全身が毛に覆われている毛虫のような幼虫です。

ハイアークティックモスの幼虫は、6月の1ヶ月間だけ活動します。活動といっても、太陽の熱を吸収するため、半分以上は「ひなたぼっこ」をして、残りの時間でエサの植物を探す生活です。

そのために成長速度もゆっくりしていて、成虫になるのに7年もかかります。

幼虫から成長になる年には、活動する1ヶ月間に、脱皮をして成虫になりますが、この1ヶ月の間に伴侶を見つけて直ぐに卵を産まなければなりません。

そして、卵を産むと生涯を終えます。

北極圏付近の気候とハイアークティックモスの行動

北極圏の気候は、夏の間は太陽が沈みません。

そのため、ハイアークティックモスの幼虫は、白夜になって日が落ちても地平線付近に留まる太陽の方向に体を向けて、むさぼるように太陽光線を浴び続けます。

まとめ

北極圏のツンドラ地帯に生息するハイアークティックモスは、日照時間の最も長い6月だけ活動する生活をしていました。

この地域でも他の生物は、7月ごろまで夏の暮らしを楽しんでいますが、ハイアークティックモスは、子孫を残すために、万が一のことを考えて対応しているのでしょう。

ツンドラ地帯で観測された最低気温は、-70℃が記録されていますが、ハイアークティックモスの幼虫は、凍ってしまうと-70℃の気温でも生存できるようです。稀に起こる超低温を想定して耐えられるような体の構造なのでしょう。

今までの蛾のイメージは、蝶のようには艶やかではないが、三角形の翅を駆使して凄いスピードで飛ぶ、夏を連想させる昆虫でした。このように、ツンドラ地帯のような超低温の地域にも進出している生物とは知りませんでした。

ABOUT ME
nature observation
Nature Observationのサイトは2名で運営しています。一人目は写真撮影と白鳥が好きで日本全国を車で飛び回っています。最近は、無料ブログを作って楽しんでいるようです。二人目は、昆虫好きですが、写真は素人、白鳥や花の本を読んで知識は増えてきました。最近は、主にデジタル関連の、判っていそうで判りにくい内容をズバッと紹介するサイトも手掛けています。二人とも趣味の世界を謳歌している中高年のおじさんです。
スポンサーリンク