サイチョウ(犀鳥)の不思議な生態

サイチョウ

サイチョウは、ブッポウソウ目サイチョウ科に分類される鳥です。見た目も少し変わっていて、下向きに曲がった大きなくちばしと、頭部には、サイの角のような角質でできた突起があります。この記事では、サイチョウの変わった生態を紹介しています。

サイチョウとはどんな鳥なの?

サイチョウの名前は、サイの角のようなものを持っていることに由来しています。オスの全長は110-160㎝と大きく、メスはそれよりも少し小柄です。羽毛は全体的に黒く、腹部と腿は白色です。
このサイチョウは樹上で生活するため、地上にはほとんど降りません。
独特な姿をしていて有名な鳥ですが、鳴き声はラッパのような声です。飛ぶ時の羽音もゴワッ、ゴワッと大きな音をたてます。

サイチョウは、変鳥ぶりを強調したような鳥です。

サイチョウの奇妙な巣作りと子育て

サイチョウは、巨木の洞(ほら)の中に卵を産んで、105日間もの長期に渡ってヒナを育てます。

洞の入口は、メスが中に入ると、オスが運んでくる泥団子で、狭められます。くちばしがとおるぐらいの小さな穴になります。

このようにして密室状態になった巣の中で、メスは卵をふ化させてヒナを育てます。メスの食べ物は、オスによって運ばれる木の実です。

オスはメスに、24,000個程もの木の実を運びます。メスは、小さな穴からくちばしを出してオスが運んでくる木の実を受け取ります。

ヒナが飛び立つ、1週間くらい前になると、メスは泥で作った入口を壊して外にでますが、中にいるヒナは、入口の穴を再び小さく補修します。

その後は、ヒナが飛び立つまで夫婦でエサをヒナに運びます。

サイチョウの子育て中の洞の中

メス親とヒナは、ずっと洞の中に閉じこもって子育てをしているので、ヒナが巣立った後の洞の中は、さぞかし汚いだろうと想像されますが、洞の中には、ゴミどころか匂いすらありません。

何故、子育てした巣穴が清潔なの?

理由は、巣の中には腐敗したものや糞を好んで食べるスカベンジャーと呼ばれる昆虫がすんでいるからです。

アフリカのサイチョウの巣の例では、400個体以上のスカベンジャーと呼ばれる、掃除屋の昆虫がすんでいたそうです。

まとめ

サイチョウは、ブッポウソウ目サイチョウ科に分類される鳥で、大きなくちばしと、サイの角のような突起を頭部にもっています。

また、ラッパのような声で鳴きます。そして飛ぶ時にはゴワッ、ゴワッと大きな羽音をたてます。

目立ちたがり屋のように見えますが、普通は樹上生活で、地上にはいません。

子育ても変わっていて、巨木の洞(ほら)の中に卵を産んで、入口を狭めた状態で、長期間、ヒナを育てます。当然、オス親との共同作業がないと生活できません。

オス親は、メス親と子供の分のエサ採取を行います。24,000個程もの木の実を巣穴に運ぶと言われています。

ABOUT ME
nature observation
Nature Observationのサイトは2名で運営しています。一人目は写真撮影と白鳥が好きで日本全国を車で飛び回っています。最近は、無料ブログを作って楽しんでいるようです。二人目は、昆虫好きですが、写真は素人、白鳥や花の本を読んで知識は増えてきました。最近は、主にデジタル関連の、判っていそうで判りにくい内容をズバッと紹介するサイトも手掛けています。二人とも趣味の世界を謳歌している中高年のおじさんです。
スポンサーリンク