ハチドリの不思議な生態

ハチドリ

ハチドリは鳥ですが、天敵の多い自然界でも熟睡します。また、花の蜜が主食という変わった特徴も持っています。この記事では、こんな行動をする理由を、ハチドリの生体や空間認識能力などから推察します。ハチドリの小さな体の制約が分かるようになります。

ハチドリとはどんな鳥なの?

ハチドリは、鳥綱、アマツバメ目のハチドリ亜目、ハチドリ科の鳥です。鳥類では最も体が小さいグループで、体重は2g〜20g程しかありません。生息域は米国南西部からカリブ海諸島、南米のアルゼンチン付近です。

ハチドリの特徴は、小さな体と、宝石のようにきらびやかな羽毛、そして花の蜜を吸うために空中で静止飛行(ホバリング)をすることでしょう。

ハチドリの生態を調べると、他にも興味深い特徴があるので紹介します。

敵の多い自然界で熟睡してしまうハチドリ

驚いたことにハチドリは、夜間やエサをとらない時には熟睡しています。

自然界では、外敵に襲われるのを恐れて短時間睡眠をする種が多いのですが、ハチドリはあたかも冬眠をするかのように昏睡状態で眠るといわれています。

ハチドリが熟睡する理由

ハチドリは鳥類ですが、他の鳥に比べて体が極端に小さく、ホバリングなどの特殊な飛行をするために、昆虫以外の動物では、最も活発な代謝です。また、激しい代謝の変化に対応するため、特殊な腎臓の機能などで生体活動を維持していることが判っています。

つまり、ハチドリが熟睡しなければならない理由は、エネルギーを節約するためでしょう。

夜の睡眠中は、体温を40℃から18℃まで下げることや、特殊な腎機能の活動を抑制する等で代謝を抑えていますが、寝ている時にも0.04g/時間ずつ体重は減少してしまうため、最も軽量なハチドリでは、5時間寝ると10%も体重の低下を招いてしまうからです。

ハチドリは、小さな体で代謝が激しいため、エネルギーの節約が必須だったのです。天敵に怯えながらも省エネになる、熟睡をしなければ生きられなかったのでしょう。

ハチドリが花の蜜を吸う理由

ハチドリの主食は花の蜜です。代謝の激しいハチドリが主食として選んだのですから花の蜜は、高カロリーなのでしょう。でも、そんな理由だけでしょうか?

花は植物のため、いつも同じ場所に咲いていますが、代謝の激しいハチドリにとって移動する虫などの捕獲にチャレンジして、もし失敗したら命とりになるからです。

そう考えると、いつも決まった場所に咲く花の蜜は、ハチドリに最適です。

しかし、小さなハチドリの脳の大きさは米粒大のサイズしかありません。そんな小さな脳に花が咲く場所の記憶などできるのでしょうか? そんな疑問が湧いてきますが、調べてみると、ハチドリの縄張り意識は強く、特定のエサ場もありました。

しかも、ハチドリの空間認識を実験で調べた結果もあって、目的の花の位置や、蜜が溜まる時間も認識していることが確認されていました。

自然界のハチドリは、激しい代謝のために、10分〜15分間隔で食事をしなければなりません。そのために、花が咲く場所や蜜が溜まる時間を認識する能力を得て、花の蜜を主食にしたのでしょう。

まとめ

ハチドリは鳥ですが、天敵の多い自然界で「熟睡」します。また、「花の蜜が主食」という変わった特徴も持っています。

このような変わった特徴は、生体活動や空間認識能力などのデータから、次のような理由が推測されています。

  1. ハチドリは、小さな体で代謝が激しいため、エネルギーの節約は必須です。そのため、天敵に怯えながらも省エネになる「熟睡」せざるを得なかったと考えられます。
  2. ハチドリが花の蜜を主食にしたのは、植物なら移動しないため、花が咲く場所や蜜が溜まる時間の認識が出来れば、必ず食べることが出来るからです。

このように、ハチドリは代謝エネルギーを無駄にしないために、確実に食べられる花の蜜を主食にしたのでしょう。

体のサイズが小さすぎても、代謝のことを考慮しなければならないのですね。

ABOUT ME
nature observation
Nature Observationのサイトは2名で運営しています。一人目は写真撮影と白鳥が好きで日本全国を車で飛び回っています。最近は、無料ブログを作って楽しんでいるようです。二人目は、昆虫好きですが、写真は素人、白鳥や花の本を読んで知識は増えてきました。最近は、主にデジタル関連の、判っていそうで判りにくい内容をズバッと紹介するサイトも手掛けています。二人とも趣味の世界を謳歌している中高年のおじさんです。
スポンサーリンク