昆虫・虫

ハチミツは花の蜜をミツバチの体内で化学変化させた加工品

ミツバチ

ミツバチによる花の蜜の運び方や、ハチミツの作られる仕組みについて紹介しています。ハチミツは、単純に花の蜜を集めて貯蔵したものではなく、ミツバチがいなければ作られない貴重なものでした。ハチミツ作りに精をだすミツバチを愛おしく思えるでしょう。

ハチミツの作られ方

ハチミツは、ミツバチたちがお花畑から集めて来たものと考えている人もいるでしょうが、ハチミツは花の蜜をミツバチの体で加工することで出来ていました。

花の蜜の運び方

ミツバチの口から吸った花の蜜は、腸の手前にある「蜜胃(みつい)」と呼ばれる袋に蓄えられます。蜜胃と腸の間は弁で閉じられていて、蜜胃が一杯になると、ミツバチは花の蜜を吸うのをやめて巣に持ち帰ります。

このように、ミツバチには花の蜜を食べても、腸まで到達して消化吸収しないような仕組みを持っていました。

腸の手前にある袋「蜜胃(みつい)」と腸は、弁で閉じられていますが食事の時には、弁は開いて腸とつながるようになっています。

ハチミツの加工方法

ミツバチは、花の蜜を口で吸って巣に持ち帰ります。

口から吸われた花蜜(ショ糖)は、ミツバチの唾液に含まれる酵素などの化学変化による働きで、ブドウ糖と果糖に分解されます。

ミツバチは、巣に戻ると、他の働き蜂に蜜を口移しします。蜜を貰った働き蜂は、別の働き蜂にも口移しで蜜を与えます。

巣に持ち帰った蜜は、このようにして働き蜂の体内で何度も加工されることになります。このようにして、花の蜜は、完全にブドウ糖と果糖に転化していきます。

ミツバチの体内で化学変化した蜜は、最後に巣に吐き出されて貯蔵されます。

巣内に集められた蜜は、ミツバチの羽ばたきで水分を蒸発されて濃縮後に、フタをしてハチミツとして貯蔵されます。

ミツバチによって濃縮された巣内のハチミツの糖分は、花の蜜だった時に40%程だったものが80%にもなっています。

ハチミツが長持ちする理由

ハチミツには、抗菌作用があって長い期間保管しても腐らない秘密があります。

腐りにくい理由

ハチミツが腐りにくい理由は、細菌を死滅させていたからです。

  1. 水分を発散させて濃縮したハチミツは、浸透圧が高くなっています。そのためハチミツ中に細菌が入っても、細菌は細胞内の水分を奪われて死滅します。
  2. ミツバチの唾液には微量のグルコースオキシダーゼという物質があるため、活性酸素の一種の過酸化水素を発生させます。過酸化水素の強い酸化力は細菌を死滅させてしまいます。

ミツバチが同じ花の蜜を集める理由

ミツバチは、野原に飛んで行って花蜜を採集してきます。そのため、さまざまな花の蜜が混ざってしまうことが懸念されますが、お店で販売されているハチミツは特定の花毎に分けられています。

これには、次のようなミツバチの習性が関わっていました。

ミツバチは、一つの花を採集すると、可能な限り、その花の蜜だけを集めるという性質を持っていて、豊富な蜜源を見つけると、激しく飛んで仲間のミツバチに知らせます。そのため、特定の花のハチミツを大量に集めることができるのです。

後ろ脚が花粉で太くなったミツバチ

花蜜を収集するミツバチは、後ろ脚に花粉を集めて丸くなったように見えることがあります。これは、後ろ脚にある花粉かごに花粉を集めた花粉団子です。

ミツバチは、花粉団子を巣に持ち帰ってから幼虫のエサにします。

まとめ

ハチミツは、ミツバチがせっせと集めた花の蜜の集まりだと思っていましたが、ミツバチの体内で化学的に加工されて作られていました。

これで花の蜜を吸った時と、ハチミツを食べた時の違和感が分かりました。

ミツバチは、唾液に含まれる酵素の働きで、花の蜜(ショ糖)をブドウ糖と果糖に分解した後で、水分を飛ばしていました。こうして加工された蜜の糖分は、花蜜時の2倍(80%)になっていました。

ブドウ糖と果糖は、これ以上分解されることがない単糖類のため、体内では消化器官に負担をかけないで短時間で吸収されます。

また、ハチミツは、侵入した細菌を死滅させるため腐りにくいと言われています。驚いたことに、古代エジプトのツタンカーメン王の遺跡から発見されたハチミツは腐っていなかったそうです。

ミツバチの体内で加工されたハチミツは、花の蜜が持っていない素晴らしい性質を持っているようです。

ABOUT ME
nature observation
Nature Observationのサイトは2名で運営しています。一人目は写真撮影と白鳥が好きで日本全国を車で飛び回っています。最近は、無料ブログを作って楽しんでいるようです。二人目は、昆虫好きですが、写真は素人、白鳥や花の本を読んで知識は増えてきました。最近は、主にデジタル関連の、判っていそうで判りにくい内容をズバッと紹介するサイトも手掛けています。二人とも趣味の世界を謳歌している中高年のおじさんです。
スポンサーリンク