アリ

アリは分泌物質を使いこなす化学昆虫|代表的な化学物質

化学

アリから分泌される化学物質は、様々な形でアリの生活に役立っています。この記事では、具体例を交えて様々なシーンで登場するアリが用いる化学物質について紹介しています。アリと化学物質の関わりが分かると、アリが、増々身近に感じられるでしょう。

アリは分泌物質を使いこなす化学昆虫だった

アリは、多くの外分泌液を出して生活しています。アリは、生物種の中でもひときわ多くの外分泌腺を持っていて、生活の中の様々なシーンで外分泌腺から化学物質を出して生活しています。

つまり、アリは、化学物質を使いこなす化学昆虫です。

アリの代表的な化学物質

アリの代表的な化学物質には次のようなものがあります。

体表ワックス

アリの体表面は、油成分でコーティングされています。コーティングは、アリを水から守り、水に濡れても直ぐにはじくだけでなく、体内の水分蒸発も防いでいます。

体表ワックスは、アリ同士が仲間のアリかどうかの区別にも使われています。アリは道で、すれ違う時には、お互いを触覚で触れあって確認します。

挨拶のように見えますが、触れ合うことで、同じ巣の仲間かどうかの確認をしています。アリの研究者の調査によると、アリの体表ワックス成分は、巣ごとに成分比が異なっていました。

人から見ると同種のアリですが、体表ワックス成分の違いで巣(コロニー)ごとに区別しています。

同種のアリでも、巣が異なるアリは、仲間とは認識しません。同種のアリが喧嘩をしている場合は、恐らく別の巣のアリ同士です。

尚、サムライアリは、別種のアリ(クロヤマアリ等の働きアリ)を奴隷として巣で働かせています。

その場合、サムライアリは、自分の体表ワックス成分を奴隷アリのものと真似ることで、奴隷アリを騙しています。

道しるべとしての匂い物質

アリは、大きなエサを見つけた時には、仲間のアリと協力してエサを巣に運びます。この時、アリの行列を作りますが、行列は、次のようにして形成されます。

エサを見つけた働きアリは、腹端等から化学物質を地面に分泌しながら巣に戻ります。すると巣の他の働きアリは、この匂いを触覚で検知しながらエサのある場所に向かうことができます。

エサを持って巣に戻る時には、最初のアリと同じように匂い物質を分泌して地面に付けながら巣に戻ります。やがて、エサ場に向かう働きアリ達は数が増えていき、行列になります。

エサが無くなってしまうと、働きアリは、匂いの化学物質(道しるべフェロモン)を分泌しなくなります。

道しるべフェロモンは、揮発性の化学物資のため、時間とともに消失するため、匂いを道しるべにしていた行列も無くなります。

戦いに使う蟻酸

アリは、喧嘩をする時や、強い敵を攻撃する時に腹部から強力な化学物質(蟻酸:ギサン)を噴出します。

この蟻酸は、毒性が強いため蟻酸をかけられたアリが死んでしまうこともあります。

また、人の目に入ると失明することもあります。皮膚にかかると皮膚炎を起こしてしまうこともあるので油断はできません。

まとめ

アリから分泌される化学物質は、次のようにアリの生活に役立っていました。

  • 周辺環境から体を守る体表ワックス
  • 体表ワックスの匂いは、アリ同士の区別にも使われています。
  • 移動する時の道しるべに使う匂い物質
  • 外敵を攻撃する強力な蟻酸

このように化学物質を様々な形で活用する、アリ達は、化学昆虫と呼んでも良いでしょう。

ABOUT ME
nature observation
Nature Observationのサイトは2名で運営しています。一人目は写真撮影と白鳥が好きで日本全国を車で飛び回っています。最近は、無料ブログを作って楽しんでいるようです。二人目は、昆虫好きですが、写真は素人、白鳥や花の本を読んで知識は増えてきました。最近は、主にデジタル関連の、判っていそうで判りにくい内容をズバッと紹介するサイトも手掛けています。二人とも趣味の世界を謳歌している中高年のおじさんです。
スポンサーリンク