アリ

シュミッツィというアリはウツボカズラの消化液の中で平泳ぎをする

ウツボカズラ

ウツボカズラの捕虫器には、消化液が入っていますが、この消化液の中を泳いでエサを捕まえるアリがいます。シュミッツィと呼ばれるアリです。シュミッツィとウツボカズラは、共生の関係です。シュミッツィを紹介します。日常とは違う世界を知れるでしょう。

ウツボカズラ(食中植物)と共生するアリ

ウツボカズラは、痩せた土地で生育する食中植物です。

ボルネオ島のウツボカズラの一種「ペネンテス・ビカルカラタ」(以後、ビカルカラタと記載)は、虫を捕獲するための袋状の捕虫器を葉から伸ばしたツルの先に持っています。

捕虫器は、葉の先にあるため、空中のものや、地面に接するようなものまで様々ですが、大きさは10〜20㎝程です。いずれの捕虫器にも、葉が上部にあって、笠のように覆っています。

捕虫器の上淵部は、内側に丸く入り込んでいる構造で、襟(えり)と呼ばれています。

捕虫器を上から覗くと、中には水が入っていて、その底には、多くの昆虫の死骸が沈んでいます。

ビカルカラタの捕虫器の中の水は消化液のため、落ちた昆虫は溶けて養分を吸収されてしまいます。

ところが、ビカルカラタの捕虫器の襟(えり)の内側には、アリがいます。

このアリは、ビカルカラタと共生するアリで、シュミッツィヒラヅオオアリ(以後、シュミッツィと記載)です。

このシュミッツィこそが、消化液の中で平泳ぎをする不思議なアリです。

消化液の中で平泳ぎをするアリ(シュミッツィ)

シュミッツィは、体長6.5mmぐらいの働きアリで、茶褐色をした普通のアリですが、滑りやすいビカルカラタの上を俊敏に歩くことができます。

アリ(シュミッツィ)の巣は、ビカルカラタの捕虫袋を支えているツルに直径3mm程の穴をあけて、その中にあります。

アリ(シュミッツィ)は、ビカルカラタの襟の内側等にいて、ビカルカラタの消化液の中に住んでいるボウフラ(蚊の幼虫)やミジンコをエサにしてくらしています。

そもそも、消化液の中にボウフラやミジンコが住んでいるのも不思議ですが、恐らく、雨などで消化液の濃度が薄められるのでしょう。

玉川大学の坂本博士が消化液を日本に持ち帰って測定したところ、pH4.0程度の弱酸性でした。

共生アリの獲物の捕獲方法

アリ(シュミッツィ)は、ビカルカラタの襟に潜むか、捕虫器の内部を歩きながら消化液の内部を見ています。

そして、ボウフラなどが水中に見えると、消化液に飛び込んで泳いで獲物を探します。

アリ(シュミッツィ)は驚くほどの速さで泳いで獲物を捕まえます。獲物を捕獲すると、消化液内をゆっくりと移動して水面に向かいます。

アリ(シュミッツィ)は、まるで平泳ぎをしているような泳法で素早く泳ぎ回ることができます。

こんなアリがいるとは本当に不思議です。できることならボルネオで、実際のシュミッツィ見たいです。

アリと食中植物との共生の形

最初に共生と記載しましたが、ウツボカズラの一種であるビカルカラタにとっては、ツルに穴をあけられてしまうし、消化液の中にいるボウフラ等を捕獲されてしまうため、何のメリットもないように思われます。

ところが、シュミッツィがいるビカルカラタの株は、シュミッツィが住んでいない株に比べて生育が早いことが判っています。(ケンブリッジ大学の研究グループが論文で報告)
同研究グループは、シュミッツィにボウフラやハエなどの幼虫を捕獲させることで、ボウフラの幼虫たちが食べてしまう消化液内にいるプランクトンを捕獲されないようにしているのではないか?
また、シュミッツィの排泄物から植物に貴重な窒素を得ているのではないかと推測しています。

消化液内にいるプランクトンは、時が経てば、ビカルカラタの栄養源になりますが、ボウフラ等の幼虫は「ふ化」すると飛んで行ってしまうため、栄養にならないからでしょう。

まとめ

ウツボカズラの一種である「ペネンテス・ビカルカラタ」は、虫を捕獲する袋状の捕虫器をツルの先に持っている食中植物です。

捕虫器の中には、弱酸性の消化液がありますが、消化液の中を泳いでエサを捕まえるシュミッツィヒラヅオオアリとは、共生の関係です。

彼らの不思議な共生関係について紹介してきましたが、「シュミッツィが消化液中で泳げる理由」は、究明されていません。

シュミッツィと同地域に住んでいる他のアリは、例え雨水で薄められいてもビカルカラタの消化液内では、数10秒で死んでしまうことが分かっています。

興味がつきないテーマです。究明結果が楽しみです。

ABOUT ME
nature observation
Nature Observationのサイトは2名で運営しています。一人目は写真撮影と白鳥が好きで日本全国を車で飛び回っています。最近は、無料ブログを作って楽しんでいるようです。二人目は、昆虫好きですが、写真は素人、白鳥や花の本を読んで知識は増えてきました。最近は、主にデジタル関連の、判っていそうで判りにくい内容をズバッと紹介するサイトも手掛けています。二人とも趣味の世界を謳歌している中高年のおじさんです。
スポンサーリンク