昆虫・虫

夏の昆虫のヒーロー「ノコギリクワガタ」の一生

ノコギリクワガタ

カブトムシは、気軽に育てられるため、概ね、どんない暮らしをしているか知っている人は多いでしょう。但し、カブトムシと同様に人気者のクワガタムシの生涯は、知られていません。この記事では、ノコギリクワガタの生涯を分かりやすく紹介しています。

ノコギリクワガタが気になった理由

夏になると人気者のノコギリクワガタですが、秋になるとどこかに行ってしまいます。

ところが冬でも元気なノコギリクワガタが話題になったという記事を読みました。

その記事の説明では、越冬中のノコギリクワガタが、間違えて出てきてしまったのでしょうと結論づけていました。

通常のノコギリクワガタは、秋になると枯れた木の中で成虫になって越冬するからです。

記事のことを思い出すたびに、無性にノコギリクワガタについて知りたくなりました。

ノコギリクワガタの生態

ノコギリクワガタの成長は、概ね次のような経緯をたどって成長します。

『卵→幼虫→さなぎ→成虫』

つまり、ノコギリクワガタは、完全変態をする昆虫です。

ノコギリクワガタ等の成長段階の特別な呼び名

ノコギリクワガタの越冬は、生まれた時期や個体によって、ばらつきが大きいと言われています。

《発育段階を示す「齢(れい)」》
昆虫等の発育段階を示す単位には、「齢(れい)」を使います。
ノコギリクワガタの場合は、次のように呼びます。

  1. 1齢幼虫
    1齢幼虫とは、孵化(ふか)した直後の「幼虫」のことです。
  2. 2齢幼虫
    2齢幼虫は、1齢幼虫が最初の脱皮をした状態の幼虫です。
  3. 3齢幼虫
    3齢幼虫は、「さなぎ」になる前の幼虫のことです。しっかりとした成虫の体を作るための重要な時期になります。

《休眠》
う化した直後の外骨格は柔らかくて活動できません。外骨格が硬くなって自由に動きまわるまでには時間が必要です。外骨格が柔らかく期間は、「さなぎ室内」で、じっとして過ごします。

この期間のことを休眠と言います。

ノコギリクワガタの越冬

多くのノコギリクワガタは夏場に生まれて、ふ化した後の3齢幼虫で越冬します。

ところが、10月下旬以降に生まれた卵の場合は、期間の余裕がないため、

  • 卵のまま越冬するもの
  • 1齢や2齢の幼虫で越冬するもの

等、さまざまなものがいます。

それでは、通常のノコギリクワガタの成長段階を見てみましょう。

ノコギリクワガタの成長段階と内容

7月〜9月頃に、ノコギリクワガタのメスは交尾後、嗅覚(きゅうかく)で幼虫に適した場所を探して産卵します。卵は、湿った柔らかい土などで産まれます。

幼虫

卵は、およそ3週間でふ化します。卵からふ化した幼虫は、越冬に必要な十分な栄養を溜め込みます。

通常は、3齢幼虫に成長して越冬します。多くの場合、越冬の期間は、7月〜翌年の6月頃(約1年間)に及びます。

さなぎ

越冬中の幼虫は3月頃に目覚めて、さなぎになる準備を始めます。
気温が温かくなる6月〜7月ごろになると硬い土等に移動して「さなぎ室」を作り、「さなぎ」になります。

う化

「さなぎ」から、3〜4週間程で、う化します。

成虫

う化すると成虫ですが、まだ体が柔らかいため「さなぎ室」の中で休眠(約1年)します。休眠を終えて「さなぎ室」から出ると、さっそく活動します。

成虫になると餌場(えさば)に行って樹液を飲みますが、ここでは子孫を作るためのオス同士の戦いをします。

オスは交尾後に生涯を閉じ、メスは、産卵場所に飛んでいって産卵後に生涯を終えます。

大雑把ですが、ノコギリクワガタの生涯は以上のような過程をたどります。

まとめ

ちょっと勘違いをしていましたが、ノコギリクワガタは、生木の中で樹木を食い荒らすカミキリムシとは違って、土中や、枯れた立木の根本付近で成長するようです。

ABOUT ME
nature observation
Nature Observationのサイトは2名で運営しています。一人目は写真撮影と白鳥が好きで日本全国を車で飛び回っています。最近は、無料ブログを作って楽しんでいるようです。二人目は、昆虫好きですが、写真は素人、白鳥や花の本を読んで知識は増えてきました。最近は、主にデジタル関連の、判っていそうで判りにくい内容をズバッと紹介するサイトも手掛けています。二人とも趣味の世界を謳歌している中高年のおじさんです。
スポンサーリンク