セミ

大砲の発射音にも驚かないで大合唱を続ける「セミ」の不思議

ミンミンゼミ

昆虫学者のファーブル先生も勘違いしてしまった。セミの耳がある場所と、人間とは異なっている昆虫が聞き取れる音の周波数範囲(可聴周波数)について、紹介しています。きっと、大砲の音にも動じないセミを見れば、現代人でも不思議に感じてしまうでしょう。

昆虫学者ファーブル先生の勘違い

その昔、有名な昆虫学者のファーブル先生は、セミが何故、鳴くのかを確認するために、大砲をズドンとはなちました。

その当時も、セミが鳴くのはメスを引き寄せるためと考えられていましたが、ファーブル先生は、セミには耳がないのではないかと疑っていたからです。何故なら、セミの体を観察しても耳らしい器官を見つけられなかったからです。

案の定、大砲の大音量が響き渡っても、セミ達は我関せずで、鳴き続けたため、ファーブル先生は、やはりセミには耳がないと考え、セミ達は、鳴くのが楽しいから鳴いていると結論づけたと言われています。

しかし、鳴いているセミに、こっそりと近づくと、直ぐにセミは逃げてしまいます。一体どうやって人の気配を察知しているのでしょうか?

後で判ったのですが、セミには耳がありました。

セミの耳のある場所

セミの耳は、後ろ脚のつけね付近にあるフタの下にあります。このフタは復弁(ふくべん)というもので、後ろ脚の左右にあります。

このフタ(復弁)をめくってみると、白い膜がありますが、これが空気の振動を増幅して内耳に伝えるセミの鼓膜(こまく)でした。

たしかに、こんな所に隠れていたのでは判りませんね! さすがのファーブル先生も見逃してしまったのです。

でも、何故、耳があるのにセミは大砲の音に驚かなかったのでしょうか? 不思議ですね!

セミが大砲の音に驚かなかった理由

セミは、何故、大砲の大きな音に驚かないで、合唱し続けたのでしょうか?

これを理解するには、音について知る必要があります。次に簡単に説明します。

音の現し方

音は空気の波(微小な圧力変動)で作られています。この空気の波が、鼓膜(こまく)を振動させることで、音として認識しています。

波の振動は、1秒間に何回振動するかで表していて、周波数と呼ばれています(周波数はヘルツという単位で表現されます)。

例えば、振動回数が多い音(高周波)は、「キーン」というような高い音で、振動回数が少ない音(低周波)は、「ゴオ~ン」というような低い音になります。

尚、音の音圧レベルは、周波数ではなく、デシベルという単位で表しますが、ここではデシベルの説明は省きます。

尚、生物の耳が音として聞き取ることができる周波数の大きさは、生物の種類によって違います。人の場合は、周波数が、およそ20ヘルツ~20,000ヘルツの範囲の時に聞き取ることができます。

このように聞き取ることが出来る周波数帯のことを「可聴周波数」と呼んでいます。

セミの可聴周波数帯と大砲(発射音)の周波数

あまり正確な情報ではありませんが、セミの可聴周波数帯は、およそ1000ヘルツ~10,000ヘルツと言われています。(人の可聴周波数帯よりも狭いようです)

そして、大砲の発射音は低周波です。

人の可聴周波数は、20ヘルツ~20,000ヘルツですが、セミの可聴周波数は、1000ヘルツ~10,000ヘルツで、セミは人に比べて低周波帯も高周波帯のどちらも聞き取れないようです。

そのため、人には大音量で聞こえる大砲の音(低周波)でも、セミには気づくことができなかったのでしょう。

また、セミにこっそり近づく人の気配音は、セミが聞き取ることのできる周波数帯(1000ヘルツ~10,000ヘルツ)だったため、セミは直ぐに逃げることが出来たのです。

まとめ

セミには腹部の足の付け根付近に耳が隠されていて音を聞くことができますが、セミが大砲の発射音に驚かないで大合唱を続けたのは、大砲の発射音のような低周波音を聞くことができなかったからでした。

そして、一生懸命大合唱するセミ達は全てオスです。

大きな声で鳴くことのできるセミには、メスのセミが寄ってくるそうです。つまり、セミが鳴く理由は、オスのセミがメスに求愛をしていたことになります。

ABOUT ME
nature observation
Nature Observationのサイトは2名で運営しています。一人目は写真撮影と白鳥が好きで日本全国を車で飛び回っています。最近は、無料ブログを作って楽しんでいるようです。二人目は、昆虫好きですが、写真は素人、白鳥や花の本を読んで知識は増えてきました。最近は、主にデジタル関連の、判っていそうで判りにくい内容をズバッと紹介するサイトも手掛けています。二人とも趣味の世界を謳歌している中高年のおじさんです。
スポンサーリンク