ヒマワリ

ヒマワリの花の不思議な現実

ヒマワリ

ヒマワリは、大きな黄色の花です。まさに、夏を象徴するような花ですが、ヒマワリの花は、太陽の動きと共に花の向きを変えることはしていません。また、ヒマワリの花は1つの大きな花のようにみえますが、多くのタネが出来ます。理由を調べて紹介しています。

ヒマワリの花には不思議がいっぱい

ヒマワリは「向日葵」や「日周り草」と漢字で書くため、太陽の方角を向いて咲いていると勘違いされることが多いのですが、成長したヒマワリの花は、常に太陽が昇る東側を向いていて、太陽の動きと共に花の向きを変えることはしていません。

また、1つに見えるヒマワリの花には、多くのタネができます。

このようにヒマワリの花には、常識のように言われてきた事と違う現実や、少し考えると不思議な現実があります。これらについて調べたことを次に紹介します。

太陽の方向を追って咲くと言われる理由

植物の葉は、光合成をするために太陽の方向を向いています。そして、太陽が方向を変えると、それに合わせて葉も向きを変えていきます。

そして太陽が西の空に沈んでしまうと、葉は、夜の間に日が昇る東向きになって待っています。

茎の最上部にある若い葉も太陽を追って回ります。

そして、ヒマワリの花のつぼみは最上部の若い葉の間にできるため、葉の動きに連動して東から西の方角に回ります。

ヒマワリの花が若い頃には同じ動きが観察されますが、やがて、花が大きくなって重くなると動くことが出来なくなります。

ヒマワリの花は、夜の間に成長するため自重で、動けなくなってしまいます。そのため、成長したヒマワリの花は常に東向きに咲いているのでしょう。

ヒマワリの花が太陽を追って咲くと言われる理由は、まだ成長過程の若い花が、葉の動きに連動して動いているのを勘違いして、言われるようになったものと推定されます。

ヒマワリの花

ヒマワリの1本の長い茎の先には、大きな1つの花のようなものがあります。これは、多数の花が集まっているものです。

ヒマワリの花の構造

ヒマワリの花は、1つの大輪のように見えますが、キク科の花に見られる「頭状花序」で、大きな外輪の黄色の花びら部は「舌状花(ぜつじょうか)」、その内側のタネが形成される部分の花は「筒状花(とうじょうか)」と呼ばれています。

頭状花序とは?

頭状花序は、茎の先端に多数の柄の無い花が並んでついているものです。キク科やマツムシソウ科などで見られる特徴で、ヒマワリの他、タンポポや菊なども頭状花と呼ばれています。

舌状花の役目

舌状花(ぜつじょうか)は、花びらのようにも見えますが、実は、その1枚、1枚が独立した1つの花です。そして、きれいな色の花びらに見せることで、虫を誘う役目を担っています。

筒状花の役目

オシベのように見える、舌状花の内側にある筒状花(とうじょうか)は、小さな筒状の花が集まっているものです。この筒状花は、タネを作る役目をしています。

ヒマワリの花は、このような構造です。1つの花ではなく、多数の花が集まって作られていました。そのため、タネの数も1つではなくて、多くのタネが作られていたのです。

まとめ

ヒマワリの花が太陽を追って咲くと言われるようになった理由は、まだ成長過程の若い花が、葉の動きに連動して動いているのを勘違いしたものだったのでしょう。

また、1つの大きな大輪のように思われていた、ヒマワリの花は、1つの花ではなく、多数の花が集まって作られていました。これが、多くのタネが作られる理由です。

ABOUT ME
nature observation
Nature Observationのサイトは2名で運営しています。一人目は写真撮影と白鳥が好きで日本全国を車で飛び回っています。最近は、無料ブログを作って楽しんでいるようです。二人目は、昆虫好きですが、写真は素人、白鳥や花の本を読んで知識は増えてきました。最近は、主にデジタル関連の、判っていそうで判りにくい内容をズバッと紹介するサイトも手掛けています。二人とも趣味の世界を謳歌している中高年のおじさんです。
スポンサーリンク