花・野草

植物の葉っぱも汗をかいているの?

陽光を浴びる葉

植物の葉っぱは、夏の強烈な日射しの中でも、光合成をするために必死で太陽に向かって広げられます。でも、じりじりと照りつける日射しを受ければ、かなり温度上昇してしまうはずです。植物は一体どのようにして、温度上昇を防いでいるのでしょう。

光合成をする葉っぱは高温でも平気なの?

植物の葉は、光合成をするために、真夏の強い日射しの中でも太陽の方を向いています。

葉っぱの光合成とは?

植物の葉には葉緑体があって、葉緑体に光を当てると「水」と「二酸化炭素」から、栄養になる養分と酸素を作り出します。

この時、材料となる「水」は、根から吸収して葉まで吸い上げ、「二酸化炭素」は、空気中から取り込みます。二酸化炭素を取り込む穴は、葉の裏側の気孔(きこう)です。

光合成で、養分と酸素が作られると、酸素は気孔から排出されますが、デンプンなどの養分は、水に溶けやすい糖に変えられて、隅々まで運ばれます。

以上がおおまかな光合成の内容です。

なお、光合成で働く酵素は、タンパク質のため、高温には弱いはずです。そのため、直射日光が強い時には、不要な熱は捨てなくてはなりません。

では、熱を廃棄する方法はどうしているのでしょうか。

葉っぱが温度を下げる方法

葉っぱの熱を下げる方法は特別な方法ではなく、葉っぱから水分を蒸発させることで葉の温度を下げていました。

これは、葉の内部の水分が蒸発する時の潜熱(せんねつ)を奪う原理で、人が汗をかいて体温を下げるのと同じでした。

つまり、夏の暑い日射しのもとでは、植物たちも必死になって汗をかいていたのです。

潜熱とは?

潜熱(せんねつ)とは、物質を冷やしたり温めたりした時に、温度は変わらないのに
物質の状態だけが変わってしまう熱エネルギーのことです。

例えば、液体の水が沸騰して水蒸気になる時や、氷(個体)が水(液体)なる時に
必要な熱量のことを言います。

植物の汗は、ポリエチレンの袋を被せると見ることができます。ポリエチレンの袋で覆うと、植物の汗は、袋の内側に細かい水滴として付着するからです。

ただし、実際には、地面が乾いている時を狙って袋の中に他の水分が混入しないように注意しながら、葉の先端まで袋でしっかり覆われるようにするなどの配慮が必要でしょう。ちょっと、大変そうです。

まとめ

暑い夏の日には、植物も葉っぱの高温問題で苦しんでいることが判りました。

光合成は、植物にしかできないすごい技術ですが、植物たちは、葉っぱから汗をかいて温度を下げる努力をしていたのです。

常日頃から、動くことの出来ない植物には、不思議がいっぱいと思っていました。

特に、眠れないほど暑い日が続く中でも、直射日光をまともに受けている植物の葉は、どうやって温度をコントロールしているのか、など、疑問符だらけでした。

植物は黙って、地道な努力をしていたのです。本当に、植物には頭が下がります。

ABOUT ME
nature observation
Nature Observationのサイトは2名で運営しています。一人目は写真撮影と白鳥が好きで日本全国を車で飛び回っています。最近は、無料ブログを作って楽しんでいるようです。二人目は、昆虫好きですが、写真は素人、白鳥や花の本を読んで知識は増えてきました。最近は、主にデジタル関連の、判っていそうで判りにくい内容をズバッと紹介するサイトも手掛けています。二人とも趣味の世界を謳歌している中高年のおじさんです。
スポンサーリンク