花・野草

花粉を運んでくれるハエをだまして実をつける、ずるい花

マムシグサ

昆虫と花の関係は、昆虫が蜜や花粉をもらう代わりに、花は授粉してもらうような共存共栄です。ところが、昆虫を騙して受粉をしてもらう形態のものもあって、相手を利用するだけの厳しい関係でした。この記事では、そんな一端が垣間見える実例を紹介しています。

植物と昆虫の共存共栄の関係は、相手を利用しているだけだった

植物と小さな昆虫の関係は、昆虫が植物から蜜や花粉をもらう代わりに、昆虫は植物の種子を実らせるお手伝いをする共存共栄です。昆虫は花粉の運搬を担っていて、専門用語では「ポリネータ」と呼ばれています。

人から見ると、共存共栄は、ほほえましく感じられますが、本当は厳しい自然界で生きていくための一つの手段として、お互いを利用しているだけの関係でした。

共存共栄に見える関係は、たまたま結果として、双方に利を得るようになったと考えた方が良さそうです。

このことを示している実例を次に紹介します。

花粉を運んでくれるハエをだまして受粉させる花

南アフリカ原産のガガイモ科の植物「スタペリア・ギガンテア」は、凡そ10㎝の星型の花を咲かせます。

ふつう、花は美しいものですが、「スタペリア・ギガンテア」は薄い褐色で、多くの筋がむき出し状態の為、グロテスクという表現がぴったりの花です。しかも「スタペリア・ギガンテア」という花は、腐食臭を漂わせています。

逆に、こんな酷い花なら、一度は見てみたいという人もいるかもしれません。日本では、国立科学博物館筑波実験植物園のサバンナ温室で、栽培されています。

植物にだまされるハエ

「スタペリア・ギガンテア」の花が咲き始めると、腐食臭にハエが集まってきて、ハエはポリネータとして働きます。

ハエのおかげで、「スタペリア・ギガンテア」は、果実をつけますが、ハエは、「スタペリア・ギガンテア」に騙(だま)されていたのです。

植物によるハエのだまし方

ハエは「スタペリア・ギガンテア」の花から腐食臭がすると、汚物を探して、ハエは花の中に潜り込みます。ハエは、花の蜜や花粉を得るためではなく、腐食臭に誘われて汚物に卵を産み付けに来たからです。

花粉を体に付けたハエが花の中に入ると、「スタペリア・ギガンテア」の花は授粉して子孫を残します。ところが、時が経つと「スタペリア・ギガンテア」の花は、枯れてしまいます。

ハエは、枯れてしまう花の中に卵を産みつけたため子孫を残すことはできません。(ハエはだまされていたのです)

「スタペリア・ギガンテア」の花は、ハエが汚物に卵を産む性質を利用して腐食臭を漂わせて、ハエに花粉を運ばせていたのです。

一見、共存共栄に見えますが、ハエと「スタペリア・ギガンテア」の目的は違います。ハエにとっては、だまされただけで、何のメリットもなかったのです。

通常の自然界の共存共栄は、お互いが恩恵を受ける関係ですが、ハエと「スタペリア・ギガンテア」は、自分たちが生き残るために行動しているのです。

他の、共存共栄の植物と昆虫の関係も、本当は、自分たちだけが生き残れれば良いと考えて対応していたのです。

ハエとマムシグサの関係は、そのような関係を如実に表しています。次に紹介します。

マムシグサとハエの関係

日本に自生するマムシグサも、ハエの好む腐食臭を漂わせて、筒状のホウ内に誘い込みますが、受粉の手助けをしてくれたハエが外に出る穴はありません。

マムシグサの筒状のホウ内に入ったハエは外に出られなくなります。ハエは、メリットを受け取るどころか、命までマムシグサに捧げる羽目になってしまうのです。

まとめ

「スタペリア・ギガンテア」や「マムシグサ」とハエの関係は、ハエが腐食物内に子孫を産みたいということを、植物が利用していました。

ハエと植物との目的が違っていたために片方が相手側をだましたことになりますが、もしも目的がマッチしていれば、双方の利益になる共存共栄だったのでしょう。

そんな風に考えれば、自然界の共存共栄は、ちょっと方向が違うだけで厳しい関係になるのです。
自然界の生き残りをかけただまし合いを、傍から見ているのは面白いですが、自然界の生きものたちの生活を知るたびに、人間に生まれて良かったと実感しています。

ABOUT ME
nature observation
Nature Observationのサイトは2名で運営しています。一人目は写真撮影と白鳥が好きで日本全国を車で飛び回っています。最近は、無料ブログを作って楽しんでいるようです。二人目は、昆虫好きですが、写真は素人、白鳥や花の本を読んで知識は増えてきました。最近は、主にデジタル関連の、判っていそうで判りにくい内容をズバッと紹介するサイトも手掛けています。二人とも趣味の世界を謳歌している中高年のおじさんです。
スポンサーリンク