花・野草

植物は触ると成長が止まるって本当?|これで判った盆栽の秘密

盆栽

人が植物に触れると植物は大きく生長すると考えていましたが間違いでした。植物に触れると茎は太くて立派になるが、伸びなくなります。理由は、植物から成長抑制のホルモンがでるからです。この記事では、盆栽の作り方などを交えて分かりやすく紹介します。

盆栽は不思議だ

盆栽は小さな植木鉢に小さな松の木などが植えられています。小さな木ですが、幹は太くて、まるで大木に見えます。これが盆栽の魅力ですが、では盆栽は何故大きく成長しないのでしょうか?

これは以前から疑問でした。

盆栽の育て方などを調べましたが、何となく判ったような気もしますが、どこかで納得できません。

そんな時、植物は触れられると幹などは立派に育っても、伸びることをやめてしまうという性質があることを知りました。

ひょっとしたら、盆栽と関係があるのではないか?
そう思って、調べてみました。

まず、盆栽はどうやって栽培しているのでしょうか?

盆栽の作り方

盆栽の作り方は、「葉刈りをする」ことがポイントです。

葉刈りをすると、樹の養分は一時的に減少してしまいます。養分が減ると、新芽の葉の大きさは小さくなって光合成で作る養分も少なくなって、次に出る新芽も、小さく育ちます。

では、木の大きさに比べて太い幹や根は、どうしてできるのでしょうか?

盆栽の生産地での栽培方法

盆栽の生産地では、出来るだけ早く立派な根に育つように養分の豊富な畑で栽培しています。

畑に植えたら大きく成長してしまうのでしょうが、地中に伸びた根は、5年に1回の頻度で切っていました。

これなら太くて短い根ができるでしょう。

そして、もう一つのポイントは、2年目の苗木には針金を巻いて、大木のような曲がりを作ることです。

このような手法で栽培していましたが、盆栽として育つまでには30年もかかるそうです。

何故、植物は触られると伸びないの?

植物学者の説明では、植物に触れると茎は太く立派になるが、殆ど伸びなくなるのだそうです。(トウモロコシの実験では、2回/1日、30秒間、葉に触れると、触れない苗に比べて伸長が抑制されます。)

植物は、毎日話しかけることや、触れることで大きく生長すると勘違いしていました。

植物は、刺激を受けると、エチレンという成長を抑制する働きの植物ホルモンを出すことが分かっています。

このため、植物は、触れられると、伸びることが抑えられます。

まとめ

植物は、「触れると成長を抑制する」という性質がありました。理由は、植物に何かが触れると成長を抑制する植物ホルモン(エチレン)を出すためです。

盆栽の量産栽培は、植物の性質を利用するだけでなく、根を切ることや、枝を曲げるために針金を巻き付けるなどの手間を掛けていました。

盆栽として育てるは、これ程の手間と、30年もの月日を要します。何事も一朝一夕にはいきませんね。

ABOUT ME
nature observation
Nature Observationのサイトは2名で運営しています。一人目は写真撮影と白鳥が好きで日本全国を車で飛び回っています。最近は、無料ブログを作って楽しんでいるようです。二人目は、昆虫好きですが、写真は素人、白鳥や花の本を読んで知識は増えてきました。最近は、主にデジタル関連の、判っていそうで判りにくい内容をズバッと紹介するサイトも手掛けています。二人とも趣味の世界を謳歌している中高年のおじさんです。
スポンサーリンク