昆虫・虫

アリジゴクと言う最強の罠は、どうやって獲物を獲るの?

アリジゴク

アリジゴクと言われる巣は、ウスバカゲロウの幼虫が作った獲物をとるための罠です。この記事では、アリジゴクの形状や、巣(罠)の中に辛抱強く潜んで獲物を待つ様子、さらに獲物の捕獲方法などについて紹介しています。

アリジゴクを作るカゲロウとはどんな昆虫なの?

アリジゴクを作るカゲロウは、完全変態の昆虫です。成虫になるとウスバカゲロウになります。ウスバカゲロウは4枚の透き通った翅(はね)をしたトンボに似ている昆虫です。

ウスバカゲロウは、アミメカゲロウ目のウスバカゲロウ科に属しているため、成虫の寿命は短命と思われています。ところがウスバカゲロウの寿命は、数日間ではなくて、1ヶ月程度です。

日本で生息するウスバカゲロウは、17種生息してます。17種の中で、幼虫がアリジゴクと呼ばれるすり鉢のような巣を作る種は5種類です。

以下、アリジゴクは、ウスバカゲロウとして紹介していきます。

アリジゴクを作るウスバカゲロウの幼虫

ウスバカゲロウの幼虫は、アリジゴクと言われる罠(巣)を作って獲物を待ちます。

ウスバカゲロウの幼虫の体形は、数mmから1.5㎝程のふっくらとした楕円形です。体全体が土色で、頭の先端にはカギのように左右に開く大きなあごがあります。

そのため、ダンゴムシのような親しみやすさはなく、一見して恐ろしい姿です。

アリジゴクという最強の罠

アリジゴクと言われる巣は、獲物が滑り落ちるように、細かくてさらさらした土で作られています。形状は中央部を下にした、すり鉢状の形で、上部の直径は数㎝(3㎝〜8㎝程度)程です。

アリジゴクは、乾いたさらさらの土で作られていいるため、大抵は、雨をよけられる民家の軒先等に作られます。

ウスバカゲロウの幼虫は、土を掘ってあごで土を外に放り投げてすり鉢を作ります。このようにすると、中心部には軽くて細かい土が残り、周囲は粒の荒い土になります。

この罠が完成すると、幼虫は、すり鉢状の土の中に体を隠して、獲物を待ちます。

罠に獲物が落ちた時のウスバカゲロウの行動

すり鉢状の罠にアリ等の小さな昆虫が一歩足を踏み入れると、滑って中心部に落ちます。獲物は必死になってすり鉢を駆け上がろうとしますが、さらさらした土のため、簡単にかけ上がることができません。

この時、土の振動を感知したウスバカゲロウの幼虫は、逃げようとする獲物に土を飛ばして逃走を妨害します。

そして、ウスバカゲロウの幼虫は、大きなあごで、獲物を土の中に引き込み体液を吸い取ります。体液を吸い取られて、殆ど皮だけになった獲物は、巣の周辺に放り投げられて廃棄されます。

《アリジゴクの凄いところ》
アリジゴクのすごい所は、次のような点です。

  • 自分(幼虫)は安全な土の中で獲物をじっとして待つため、究極な省エネを実現しています。
  • 獲物が来たら自分の姿を見せないで、土の中に引き込んで獲物をしとめるため、究極の低リスク戦法です。

獲物が罠にはまるのを辛抱強く待たなければなりませんが、リスクを最小限にした最強の罠でしょう。

まとめ

アリジゴクを作るのは、ウスバカゲロウという昆虫の幼虫でした。

ウスバカゲロウの幼虫は、乾いた、さらさらの土のある家の軒下などにすり鉢状の巣(罠)を作ります。幼虫は、その中に潜んで獲物が落ちてくるのを待っています。

すり鉢状の罠の優れた点は、安全な土の中でエネルギーを使わないで、獲物を待つため、究極の低リスク・省エネ戦法という点でしょう。

ただし、夏の終わり頃、大雨のため実家の裏の軒先にあったアリジゴクの巣は、完全に水没して跡形もなくなりました。

ところが、数ヶ月後には、新しいすり鉢ができていました。恐らく、水没したアリジゴク(ウスバカゲロウの幼虫)とは、違う個体でしょうが、冬には、すり鉢は増えていました。

目立たない昆虫ですが、雨戸を閉める時にふと目にする「すり鉢」に、何故か勇気をもらいました。

ABOUT ME
nature observation
Nature Observationのサイトは2名で運営しています。一人目は写真撮影と白鳥が好きで日本全国を車で飛び回っています。最近は、無料ブログを作って楽しんでいるようです。二人目は、昆虫好きですが、写真は素人、白鳥や花の本を読んで知識は増えてきました。最近は、主にデジタル関連の、判っていそうで判りにくい内容をズバッと紹介するサイトも手掛けています。二人とも趣味の世界を謳歌している中高年のおじさんです。