花・野草

大雑把な植物の分類

白い花

散歩の時に可憐な花を見つけるようになってからは、草花に興味を持つようになりました。ところが、植物の分類は、細か過ぎるように感じられます。記事では、植物体系を大雑把に分類しています。このような大きな分類をベースにしても良いでしょう。

植物の分類体系(大雑把な分け方)

植物の分類をすると、最も大きな区分けとして、基本的な繁殖手段に種子を作るものと、種子を作らないで繁殖する植物です。次に、簡単な分類体系図を記します。

繁殖方法は、種子を作る顕花植物(けんかしょくぶつ)と、種子が無くて繁殖する隠花植物(いんかしょくぶつ)の分類です。

顕花植物(けんかしょくぶつ)

顕花植物は、基本的な繁殖方法として種子を作るグループです。(ここで、“基本的な繁殖方法“と言っているのは、繁殖方法は一つには限らないからです。)

尚、種子(果実)の元を作るのは花です。つまり多くの人が魅せられる「花」という器官を持っているのは顕花植物の最大の特徴です。

顕花植物は、現在確認されているだけでおよそ25万種もあると言われています。これらの他にも、人が改良して生まれた野菜・花卉(かき)・作物・果実等を含めると100万種にもなるようです。

被子植物と裸子植物

顕花植物は、被子植物と裸子植物に分けられます。

被子植物の特徴は、種子になる胚珠(はいしゅ)と呼ばれる部分が皮で覆われて見えない構造をしていることです。外見では見えませんが基本的な構成は、がく片・花弁・雄しべ・雌しべの器官で作られています。

裸子植物は、種子の元になる胚珠が完全に見えているものや、隙間などから見えるものです。裸子植物には、マツ・イチョウ・ソテツなどがあります。

双子葉植物と単子葉植物

被子植物は、さらに双子葉植物と単子葉植物に分類されています。

これらの分類は、発芽した若葉が基本的に2枚(双葉)のものを双子葉植物、1枚(単葉)のものを単子葉植物として分けています。

単子葉植物は、イネ・ラン・アヤメ・ユリなどです。双子葉植物は、大豆・ブナなどですが、双子葉植物は、さらに分類されているため次に紹介します。

双子葉植物と単子葉植物

双子葉植物は、花びらが合体したグループの合弁花類(ごうべんかるい)と、花びらが1枚ずつ離れている離弁花類(りべんかるい)に分けられています。

具体的な花では、合弁花類は「菊」、離弁花類は「さくら」です。

隠花植物(いんかしょくぶつ)

種子を作らないで繁殖するグループのことを隠花植物と呼んでいて、コケ類、シダ類、そして藻類等のことです。

以上が、植物を大雑把に分けた分類です。最初はとっつきにくいでしょうが、少しだけ我慢して見てみると、分類用語を見るだけで、その内容が判るようになります。

まとめ

植物の分類は細かくて、多岐に分類されています。調べれば調べる程、深みにはまりますが、植物の分類は、趣味の世界でも役立ちました。

分類は、細かいですが、分かりやすく作られているからでしょう。

ABOUT ME
nature observation
Nature Observationのサイトは2名で運営しています。一人目は写真撮影と白鳥が好きで日本全国を車で飛び回っています。最近は、無料ブログを作って楽しんでいるようです。二人目は、昆虫好きですが、写真は素人、白鳥や花の本を読んで知識は増えてきました。最近は、主にデジタル関連の、判っていそうで判りにくい内容をズバッと紹介するサイトも手掛けています。二人とも趣味の世界を謳歌している中高年のおじさんです。