花・野草

殺風景な冬の景色に、目立つオレンジ色のカラスウリの特徴

オレンジのカラスウリ

カラスウリのオレンジ色は、白黒の冬の景色に、とっても鮮やかです。ひっそりと空き地などで実をつけます。調べると、面白い。カラスウリは、冬の殺風景な景色にひときわ目立ちますが、人気はありません。そんなカラスウリについて紹介しています。

オレンジ色のカラスウリは目立つけど不人気

毎年冬になると、実家の裏の栗林には、栗の木にからんだツルからカラスウリの実が数個垂れ下がります。

雑草や栗の葉も落ちるため、オレンジ色のカラスウリはひと際目立ちます。但し、誰も触れようともしません。虫や、鳥にも人気が無いように見えます。

カラスウリとは

カラスウリは、ウリ科のつる性の多年草です。確かに昨年も同じ栗の木に、ツルがからみついていました。

カラスウリの原産地は中国と日本です。日本では北海道を除いた地域の林の中で、草や木にからみついて生長します。

カラスウリは雌雄異株(しゆういかぶ)です。雌雄異株とは、同じ木には、雄花 or 雌花のどちらかしか咲かない植物のことです。

昨年も今年も実を付けたので、近くに花粉を供給する雄株の花があるのでしょう。

カラスウリの生態

カラスウリは、4月〜6月ごろに、発芽してツルを伸ばします。花は、雌雄どちらも夏の暑い時期の夜に白い花を咲かせます。花びらは白色で、花びらの周囲から糸状の白いレースのようなものを出します。

この白い花は、夜間のみ咲くため、見たことのある人は少ないでしょう。

夜間に白い花を咲かせる理由は、夜行性のガ(大型のスズメガ)に受粉を頼っているからです。カラスウリの花筒は長いですが、スズメガの口吻も長いため、カラスウリの花の奥にある蜜を吸えるのでしょう。

スズメガのような長い口吻が無い他の虫は、蜜を吸えないため、花に寄り付きません。

カラスウリの授粉した雌株は卵型の果実をつけます。若い果実は縦線の入った緑色ですが、秋が深まる頃に、熟してオレンジ色になります。

カラスウリの子孫の増やし方

多年草のカラスウリは、ツルが枯れても根には栄養分(デンプンやタンパク質)を含んだ芋のような塊根があります。そのため、越冬した後に芽を出すこともできます。

カラスウリには、果実が成るので、種からも増えます。また、ツルの先端を土の中に伸ばして根を出して、栄養分を持った塊根を作ります。これが、翌年になって芽をだすことも出来ます。

でも、これ程多くの方法で子孫を残せるのなら、もっと増えても良いだろう。何故、増殖しないのでしょうか?。

やっぱり、カラスウリは不人気なのでしょう。名前の由来は、カラスも食べないために、カラスウリと名付けられたそうです。

但し、カラスウリの熟した実には、甘味も苦味もあるそうです。実が緑色の頃には、葉っぱや果肉も天ぷらなど、様々な料理で食べることも出来ると言われています。

ちょっと不思議です。

まとめ

カラスウリは、暑い夏の夜に白い花を咲かせて、授粉をしてくれるスズメガを誘います。カラスウリの花筒は長いため、スズメガの長い口吻でなければ授粉できません。

カラスウリの実が目立つようになるのは、緑色の実が熟してオレンジ色になる頃に、周囲が殺風景な冬景色になるからです。

おそらく、実を食べて運んでくれる鳥に、熟した実を知らせるために目立つのでしょう。

カラスは、生ごみを駐車場に置いただけで直ぐに反応します。そんなカラスも、カラスウリには無関心です。

でも、カラスウリは、何種類も子孫繁栄の手段を持っています。

それにも関わらず、毎年同じところにひっそりと芽を出します。

ひょっとすると、カラスウリは、いっきに子孫を繁栄させると、撲滅の道を歩むことを知っているのかもしれません。

ABOUT ME
nature observation
Nature Observationのサイトは2名で運営しています。一人目は写真撮影と白鳥が好きで日本全国を車で飛び回っています。最近は、無料ブログを作って楽しんでいるようです。二人目は、昆虫好きですが、写真は素人、白鳥や花の本を読んで知識は増えてきました。最近は、主にデジタル関連の、判っていそうで判りにくい内容をズバッと紹介するサイトも手掛けています。二人とも趣味の世界を謳歌している中高年のおじさんです。