野外観察を通じて、くつろぎとやすらぎを提供する自然観察のサイト
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »

渡り鳥の衛星追跡の方法

渡り鳥は、長距離を飛んでくるので、人間は鳥の後を追いかけて、どのルートで飛ぶのかを確かめることはできません。そのため、鳥を捕獲して認識番号などをつけて放鳥する方法が主流です。飛んで行った先で、調査している人がそれを確認で …

恐竜は鳥になって現在でも大繁栄していた

恐竜は2臆3000万年前に地球上に誕生して以来、現在では鳥という形に姿を変えて繁栄し続けているということが判ってきました。 凡そ6600万年前に恐竜は絶滅したと言われてきましたが1996年に中国で発見された羽毛恐竜の発見 …

最も身近にいる野鳥(スズメ)の生活

日本で最も身近にいる小鳥は「スズメ」だと思います。しかし、「スズメ」で知っていることを答えて下さいと言われたとき、どれくらい答えられるでしょうか。確かに身近にいる鳥ですが、体の大きさ(14-15㎝)程の小さな小鳥で、羽は …

黒鳥は、家族思いのやさしいスワン

黒鳥は、白鳥と同じような姿形をしています。羽の色は黒色で、くちばしは赤色です。そこが白鳥(白い羽と黄色のくちばし)との大きな違いです。大きさはコハクチョウと同じくらいのサイズをしています。 黒鳥も白鳥も、カモ目カモ科ハク …

鳥の卵の構造

一般的な鳥の卵は、通気性のある石灰質の殻でできています。おなじみの鶏(にわとり)の卵を思い浮かべると判りやすいとお思います。 透明の白身「卵白」と、中央部に黄身「卵黄」があります。卵黄の上には雛(ひな)のもととなる「杯盤 …

白鳥の巣と卵の特徴

鳥は卵を巣の中に産みます。巣は、壊れやすい卵を安全に温めたり、卵から出てきた雛(ひな)を守ってくれる大切な場所です。 鳥は、空を飛ぶために、少しでも体重を軽くする必要があります。そのため、子どもができても親鳥のお腹の中で …

白鳥を県鳥にしているのは青森県と島根県

都道府県には、「木」、「花」、そして「鳥」が県のシンボルとして各々制定されています。その中で、白鳥を県鳥にしている県は、青森県と島根県の2つの県です。 ちなみに北海道は「タンチョウ」、東京は「ユリカモメ」、沖縄は「ノグチ …

« 1 11 12 13
PAGETOP
Copyright © 白鳥と昆虫と花等の自然観察のサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.