先週末に友人と2人で、川(烏川、荒川)と多々良沼、そしてガバ沼に白鳥が飛来している状況を見に行ってきました。

友人は、何年も前から白鳥観察をしていますが、私は、はじめての経験でした。烏川は、どこにでもあるような普通の川です。こんな場所に白鳥が飛来してきているとは信じがたいと感じていました。

ところが「水辺の森公園」近くの烏川にいくと、本当に白鳥が泳いでいました。それも18羽もいたのです。(全てコハクチョウ)

当日は、私が待ち合わせ場所に遅れてしまい、現地に着いたのが10時近くでしたが、それでも18羽もの白鳥が、待ってくれていたのです。

私にとっては、川で泳いでいる白鳥を見るのは初めての経験です。当日は天候も良くて、青い川辺に白い白鳥たちが泳いでいる姿は素晴らしいものでした。

その白鳥たちは我々を見ると近くに泳いできてくれました。カメラを向けても、人を怖れていないようです。

暫く観察していると、食パンを持ったおばちゃんが来て、白鳥に食べさせていました。(このおばちゃんから聞いた話ですが、1月〜3月頃は100羽もの白鳥がくるそうです)

おばちゃんが、小さな崖の淵から川にパンを投げ入れると、白鳥たちは、我先にとパンに飛び掛かります。1枚ずつ投げ込まれた食パンは、あっという間になくなりました。(ものすごい食欲です)

白鳥の後ろには、カモの集団がいましたが白鳥たちに遠慮して近づくことも出来ないようです。

尚、ここは、「水辺の森公園」に隣接している所です。現地には車で行きましたが、駐車場や遊歩道、トイレが完備されていて自然が豊富なとても雰囲気の良い場所でした。

橋の近くの駐車場に車を停めて白鳥がいる川までは、徒歩1〜2分程度です。今回の烏川での白鳥観察の写真は、当サイトの「現地観察」の中に記載しますので是非ご確認下さい。