野外観察を通じて、くつろぎとやすらぎを提供する自然観察のサイト
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 月別アーカイブ: 2017年10月

月別アーカイブ: 2017年10月

海外のニュースから読み取れるハクチョウの性格

ハクチョウは海外でも人気があって報道されると話題になります。ニュースの中から、白鳥の性格を伺えるものを紹介します。 喧嘩を売るハクチョウ フランスの北東部に位置するストラスブール市の公園に突然現れたハクチョウが大型犬を威 …

昆虫にまつわる気になるニュース

私はブログ記事を作るため昆虫などの生き物に関するニュースには、かなり敏感です。そんな中で、少し気になるニュースを紹介します。 飛行昆虫が27年間で1/4に減少 ドイツとオランダの大学の研究者たちによる、27年間に亘るドイ …

オレンジ色に輝く木の実は、名前も素敵だった!

もう7,8年前のことですが、庭にあるシャラの木の根本付近(3本の根に囲まれた地面)から出てきた小さな木に、オレンジ色をした綺麗な実がなりました。 誰も植えていない木です。野鳥が運んできたようです。(この時は、野鳥の糞に入 …

多くの鳥がツガイで子育てをする理由

鳥の子育てのイメージは、ツバメに代表されるように夫婦2羽のツガイで行っているという印象があります。 スズメやツル、ハクチョウ、フクロウなどの子育てを映像で見ることがありますが、実に微笑ましいものです。 動物界全体をみても …

標高8000m級のヒマラヤ越えをする渡り鳥の不思議

渡り鳥の中には、標高7000m~8000mものヒマラヤの高地を超えていくインドガンやアネハヅルがいますが、標高8000mでは空気中の酸素濃度が通常生活している所の1/3程になってしまうため、人間では酸素マスクなどをつけな …

蜜のない福寿草がアブを呼び寄せられる理由

私は、福寿草(ふくじゅそう)の花を見ると、真冬の2月頃に雪の中から顔を出して咲く花のイメージがあります。ところが、福寿草の別名は「元旦草」と言います。つまり、1月1日に咲く花という意味です。 しかも福寿草は正月に飾る花を …

本州地区にもハクチョウが飛来していました!

最近の関東地区は雨ばかりで寒い日が続いています。特に、2017年10月19日は、特別寒い一日でした。 寒くなると、いよいよハクチョウが飛来します。北海道では既に、先陣のハクチョウは飛来していますが本州地区では、これからで …

渡り鳥たちの驚異の記録

鳥は飛ぶことができるため、想像を超えるような渡りをしています。鳥の渡りについては、人間からすると疑問点が多く、世界中の研究者が注目している分野です。まだ、多くのことが未解明ですが、追跡装置技術の進化などにより判ってきたこ …

植物を食べる昆虫たちから身を守る植物の戦略的な活動

昆虫の食べ物は驚くほど多様化しています。 昆虫が食べるものには、動物や植物、腐肉、そして死骸やその破片、排泄物やそれらの分解物等があります。 そのため、昆虫の口は、食べ物に応じた形態に進化しています。 では、殆ど動かない …

瓢湖(ひょうこ)のハクチョウ飛来状況

新潟県阿賀野市の瓢湖(ひょうこ)は、日本で初めてのハクチョウの餌付けをした場所で有名です。初めての餌付けは、故吉川重三郎氏が昭和29年に成功しています。 そんな瓢湖(ひょうこ)には、既に多くのハクチョウが飛来しています。 …

1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © 白鳥と昆虫と花等の自然観察のサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.