花・野草

タケノコが勢いよく伸びる秘密と素早く生長せざるを得ない理由

タケノコ

タケノコは、すごい勢いで生長します。この記事では、タケノコがどのような方法で短時間に生長しているのか、また、素早く生長しなければならない理由を紹介しています。きっと、竹林とタケノコのことを身近に感じられでしょう。

タケノコの成長は早い

タケノコはとても早く伸びます。誰でも驚かされたことはあるでしょう。観察した結果では、1日で120㎝も伸びた記録があります。

草木やツルなどでも早い生長にびっくりすることがありますが、タケノコ程ではありません。タケノコは、何故、そんなに早く伸びることが出来るのでしょう。

植物の生長を促すもの

植物が生長して伸びるのは、細胞がどんどん分裂するからです。細胞分裂を盛んにするのは、生長点という部分です。

樹木の生長点は茎の先端にあります。

生長して伸びるのは、生長点だけです。そのため、樹木は、ゆっくりと何年もかかって伸びていきます。

タケノコの生長が早い理由

タケノコにも、樹木と同じように茎の先端に生長点はあります。タケノコが樹木と違うのは、多くの節があることです。

タケノコのそれぞれの節の上部には、生長帯という分裂組織があります。

タケノコは、節の上部の生長帯で、細胞分裂を盛んに行います。

タケノコは、節の上部にある成長帯で細胞分裂をしていて、節と節の間が伸びることで成長します。しかも、タケノコの節は、60個ほどもあります。

タケノコは、普通の樹木よりも60倍も早く生長できるのです。

しかし、勢いよく生長するには、十分な栄養も必要です。

タケノコの栄養確保は?

昔は、地震が来たら竹林に逃げ込めと言われました。

タケノコの根は隣接する竹同士で繋がっているため、地盤が強固だと言われていたからです。

このように竹林は、地下茎でつながっています。

タケノコの栄養分は、この地下茎を通じて供給されます。そのため、タケノコは、勢いよく生長することができるのでしょう。

また、タケノコが地面から生えてくる時には、既に太くなっていて、多くの節もあります。

タケノコが生長する時には、柔らかい状態です。これでは、天敵などから食べられてしまう危険があります。

でも、生長するためには、体を柔らかくせざるを得なかったのでしょう。

タケノコは、地上に伸びる前に、地下部分で十分な準備をしてから出てきます。

そして、タケノコが、地上に出て来る時には、地下茎から供給される栄養を伸びることだけに使っています。

まとめ

タケノコが驚異的なスピードで伸びる理由は、次のようなものです。

  • タケノコには、樹木に比べて、生長のための細胞分裂をする個所が60倍もありました。そのため、樹木の60倍の速度で成長することが出来ます。
  • タケノコは、地下茎で竹同士がつながっています。そのため、地下茎から、栄養が必要な所に集中的に供給できます。
  • 地上に出てくると天敵に食べられる危険があるため、地下部分で準備してから地上に出てくきます。地上に出ると伸びることだけに栄養を使って、短時間で生長します。

以上のような理由で、タケノコは素早く生長することが出来たのでしょう。しかし、タケノコは、何故それ程早く生長しなければならなかったのでしょうか?

タケノコを食べる天敵から、柔らかいタケノコを守るために、素早く生長する必要があったのは間違いないでしょう。

もう一つの理由は、次のようなものです。

それは、光合成をするためです。

「早く大人の竹と同じくらいの高さに生長して、日光の当たる場所まで、伸びる必要があった。」

竹にとって竹林は、地下茎でつながった一つの生命体なのかもしれません。きっと、1本だけでは生きていけないのでしょう。

ABOUT ME
nature observation
Nature Observationのサイトは2名で運営しています。一人目は写真撮影と白鳥が好きで日本全国を車で飛び回っています。最近は、無料ブログを作って楽しんでいるようです。二人目は、昆虫好きですが、写真は素人、白鳥や花の本を読んで知識は増えてきました。最近は、主にデジタル関連の、判っていそうで判りにくい内容をズバッと紹介するサイトも手掛けています。二人とも趣味の世界を謳歌している中高年のおじさんです。