サクラ

桜の花は何故一斉に咲き誇るのか

桜

桜と梅は、共に樹木に咲きますが、それぞれ咲き方は違います。梅の花は、木の枝も目について、何故か清楚です。桜の花は、一斉に眩いように咲きます。何故なのでしょう。記事では、理由を分かりやすく紹介しています。春のひと時が楽しめるでしょう。

桜の花は何故一斉に咲き誇るのでしょう

梅の花は、桜と同じように樹木に花を付けます。でも、梅の咲き方と桜の咲き方は違います。梅の花は、風情があって清らかさが漂います。寒い時期に咲くためかもしれません。

それに比べて、桜の花は、眩いばかりにはなやかに咲き誇ります。桜の多くは、ソメイヨシノのクローンと言われているので、同じ性質なのでしょう。

ソメイヨシノの母親と言われる、エドヒガンは次のような性質があります。

  1. 葉っぱよりも、先に花を咲かせる。花が散ってから緑色の葉っぱを付ける。
  2. 厳寒の冬を越すため、花芽と、葉芽は硬い越冬芽(えっとうが)の中にあります。この越冬芽の中にある葉芽は一つずつですが、桜の花芽は、一つの越冬芽内に数本あります。

梅の花は、1つの越冬芽内に1つの花芽です。ソメイヨシノの越冬芽内には数本の花芽があります。

そのため、ソメイヨシノが咲くと、多くの花が一斉に咲くことになります。それに比べて、梅の花は、越冬芽内に1つの花芽だけですから、少ないのでしょう。

桜の花が一斉に咲く理由

以上をまとめると、次のようになります。

  1. 日本で多く見られる桜は、クローンで増えたソメイヨシノのため、花が咲いてから葉っぱをつける。このため、枯れたように見える黒い木が一斉に花を付ける。
  2. 梅の花は、越冬芽内に1つの花だけだが、ソメイヨシノの越冬芽内には、数本の花芽がある。しかも、花は下向きです。

桜と梅の花の付き方

桜(ソメイヨシノ)の花は、越冬芽内に花が数本あります。しかも、花は、細い茎の先についているためか、下向きです。

梅の花は越冬芽内に1本だけあるので、花の茎はしっかりしています。そのため、花は常に下向きではありません。

花は、1本だけなので、一斉に咲きほこる艶やかさはありませんが、とっても清楚にみえます。

まとめ

日本で、多い桜は、クローン育ちのソメイヨシノため、同じ性質をもっています。

ソメイヨシノは、花が散ってから葉っぱがでるため、花は目立ちます。

しかも、桜の花芽は、越冬芽の中に数本あります。硬い越冬芽から花が出ると、数本の花は同時に咲きます。しかも、花芽の茎は細いため、花は常に下向きです。

桜の花は樹木に咲くため、人は木の下から鑑賞します。そのため、桜の花を鑑賞する人には、いっそう花の艶やかさが際立ちます。

梅の花は、桜に比べて花数が少ないため、桜と、梅の花は、見え方が大きく異なります。

桜の花が、一斉に咲いて華やかに見えるのは、このような理由からでしょう。

ABOUT ME
nature observation
Nature Observationのサイトは2名で運営しています。一人目は写真撮影と白鳥が好きで日本全国を車で飛び回っています。最近は、無料ブログを作って楽しんでいるようです。二人目は、昆虫好きですが、写真は素人、白鳥や花の本を読んで知識は増えてきました。最近は、主にデジタル関連の、判っていそうで判りにくい内容をズバッと紹介するサイトも手掛けています。二人とも趣味の世界を謳歌している中高年のおじさんです。