アサギマダラ

アサギマダラのマーキング調査の方法

アサギマダラ

アサギマダラは蝶ですが、渡りをします。マーキングは、有効な調査方法ですが、体力のある、鳥や動物で行われます。マーキングは、異物を体に付けるため、個体に影響してしまうからです。記事では、アサギマダラの具体的なマーキング方法を紹介しています。

マーキング調査とはどんなものなの?

動物や渡りをする鳥などに標識を付けてから放すと、個体が識別出来ます。そのため、再度捕獲した時には、様々なデータを入手できます。

このような方法で、個体の生態や移動ルートなどを探ることをマーキング調査と呼びます。これを、1匹だけでなく、多数で実施すると、貴重なデータになります。

マーキング調査では、個体が識別が出来るため、再度捕獲した時には、次のような情報が得られるでしょう。

  • 「個体の移動距離」や、「移動期間」
  • 「気象条件」、「捕獲場所」、「捕獲時間」

などのデータです。

しかし、標識を付けるには、ある程度大きな個体でなければ、個体の活動に影響してしまうでしょう。アサギマダラのような蝶には、どのようなマーキングをするのでしょうか?

アサギマダラにマーキングする方法は?

アサギマダラは蝶ですが、幸いにして、10㎝もの大きさの蝶」です。そして、とても丈夫な翅(はね)をしています。

しかも、翅には白い部分には、油性のフェルトペンで記号を書き入れることもできます。

調査用具

マーキング調査に必要な用具を次に示します。

  • 虫取り網
  • 定規と温度計
  • カメラと時計
  • マーキング記録表と油性フェルトペン・ボールペン

マーキングの仕方

捕獲した蝶は、そっと翅を押さえて慎重に扱います。日向で作業する時は、自分の体で影を作ってやるなどの配慮も必要です。

実際のマーキング作業では、蝶を傷つけないように気を付けながら、次の内容を翅と記録表に記載します。

  • 標識日・・・当日の年月日を記入。
  • 標識地・・・マーキングした場所。可能なら標高も記載
  • 記号・・・場所や標識を書いた人の人名などを記号で記載した場合には、その記号を判別する意味も記録します。

記録表への記載

記録表には、マーキング個体と対応できるようにして、マーキング時間、天候、気温、アサギマダラの性別や、鮮度(せんど)を記載します。

鮮度は、「新鮮」・「中くらい」・「古い」の3段階に分けます。

鮮度の判断は、翅の鱗粉(りんぷん)や翅の縁(ふち)の白点の毛の状態を確認して決めます。

翅の鱗粉と縁の白点が残っているものは、「新鮮」の判定します。翅の鱗粉と縁の白点がかすれていて殆ど消失しているものは、「古い」に区分します。さらに、その中間程度のものを「中くらい」に区分すると分類しやすいでしょう。

また、「破損」の項目は、翅の破れた状態です。あまり細かく分類しないで破損の有無だけを記録して、破れた翅の状態は写真撮影をしておきましょう。

前翅長(ぜんしちょう)の測定値は、定規を使ってミリ単位で計測します。測定部は、前翅の付け根部の胴体にある大きめの白点と、前翅の先端までの長さです。

さらに、アサギマダラを捕まえた時に、蝶が行っていたこと、例えば花の蜜を吸っていた等も記録しましょう。

捕まえた蝶に既にマーキングされていた時の対応

マーキングをするために捕まえると、既にマーキングされていることもあります。
その際は、蝶のマーキング内容を記録表の備考欄に記載します。そして、記録表に捕獲した蝶について通常の記録をします。

さらに、蝶の翅の記載可能な場所に、年月日、場所、名前を可能な限り書き入れます。

そして、マーキングした翅の写真撮影をしてから放しましょう。

まとめ

アサギマダラのマーキング情報は、いくつかのWebサイトがあります。ここに、自分でマーキングした情報も記載しておくと、自分だけでなく、他のマーキング関係者にも役立ちます。

アサギネットというサイトは、最新情報が掲載されていて役立ちます。自分のマーキング情報なども記載できます。
URL http://www2h.biglobe.ne.jp/~pen/asaginet000.htm

アサギマダラプロジェクトという「日本鱗翅(りんし)学会」がプロジェクトで行っているホームページもあります。
URL http://www.asagi-db.org/
きっと役立つ情報があるでしょう。

ABOUT ME
nature observation
Nature Observationのサイトは2名で運営しています。一人目は写真撮影と白鳥が好きで日本全国を車で飛び回っています。最近は、無料ブログを作って楽しんでいるようです。二人目は、昆虫好きですが、写真は素人、白鳥や花の本を読んで知識は増えてきました。最近は、主にデジタル関連の、判っていそうで判りにくい内容をズバッと紹介するサイトも手掛けています。二人とも趣味の世界を謳歌している中高年のおじさんです。