野外観察を通じて、くつろぎとやすらぎを提供する自然観察のサイト
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 月別アーカイブ: 2018年11月

月別アーカイブ: 2018年11月

増えすぎてしまったタンチョウの弊害と対応策

鶴居村の増えすぎたタンチョウ 北海道の県鳥は、国の天然記念物でもあるタンチョウヅルです。タンチョウは、絶滅の危機もありましたが、共生の道を選んだ北海道の「鶴居村(つるいむら)」の手厚い保護活動で乗り越えました。 鶴居村に …

タンチョウの写真

トンビがカラスを追い出さない理由

カラスに追いかけられるトンビ トンビは、体が大きい猛禽類(もうきんるい)ですが、数羽のカラスに追われて逃げている姿を見た人は多いと思います。もしもトンビが本気で戦ったら、トンビはカラスよりも強いでしょう。 そんなトンビの …

トンビの写真

今年もハクチョウ来てくれるの?

白鳥好きの友人の低いテンション もう、11月の下旬近くなのに、友人のテンションは低いままです。ハクチョウを見に川に行こうとさそっても、あまり乗り気になりません。 友人は、『まだハクチョウは来ていない。ハクチョウの生息地の …

石ころの横に作るコチドリの巣

これでも巣なの? コチドリの仲間の巣は、河川敷の石ころの間などに作られています。 巣というよりも、少しだけくぼみがあるような所に、無造作に卵が置かれているというように見えます。 少し小さなウズラの卵のようです。恐らく、コ …

コチドリの写真

主なカラスのエサ探し行動と将来性

ハシボソガラスとハシブトガラスの棲み分け 日本にいる主なカラスは、ハシボソガラスとハシブトガラスです。 共に、雑食性で、何でもたべてしまいますが、植物食を好むハシボソガラスと動物食を好むハシブトガラスという違いが見られま …

カラスの写真

シロアリの便利な翅

羽アリを見つけて心配になったこと 羽アリを見ると、シロアリを思い浮かべて床下が心配になりますが、シロアリの羽アリ発生時期は、春先から夏の初め頃までの時期でした。 羽アリを見つけて、しらべたところ、夏から秋・冬にかけて見ら …

紙飛行機の写真

シロアリを恐れさせるオオハリアリとは?

シロアリの天敵 オオハリアリは、1930年代に日本から北アメリカに侵入後、現地のアリを減少させるだけでなく、節足動物や植物を食べる昆虫類なども捕食して分布の拡大を図っていました。 このことは日本ではあまり知られていません …

朽木の写真

コスモスの花の構造と役割

清楚で清々しいコスモスの花 秋桜と書くコスモスは、熱帯アメリカのメキシコの高原が原産地です。そのためでしょうか、2メートル近くまで伸びる茎にとっては、太陽光線が真上に来ない日本の秋の中で、真っすぐに立つのも難しそうです。 …

コスモスの写真

カラスの縄張り範囲を見つける方法

カラスの縄張り 日本で多く見られるカラスは、ハシブトカラスとハシボソカラスですが、都市部でゴミをあさっているのは、大抵ハシブトガラスガラスと思ってもよいでしょう。 その理由は、縄張りがあるからです。 縄張りとは? 「縄張 …

カラスの写真

イチゴのタネはどこにあるの?

イチゴのタネ イチゴのタネはどこにあるのだろうと考えてみると、思い当るのは、イチゴの表面にあるツブツブです。 調べると、イチゴの実はツブツブでした。タネはツブツブの中にありました。つまり、イチゴの実だと思って食べていた赤 …

イチゴの写真
1 2 »
PAGETOP
Copyright © 白鳥と昆虫と花等の自然観察のサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.