花・野草

昔の日本では、ススキは貴重な高級素材だった!

ススキ

毎年、ススキが白い穂をつける頃になると、中秋の名月という言葉が思い浮かびます。恐らく、多くの日本人にとって、ススキが風にふかれてそよぐ姿と、その向こう側にある月は、日本の原風景だと思います。記事では、当時のススキの活用方法を紹介しています。

ススキの葉の特徴

子供の頃は、野原で遊び回るだけで、手の甲や手のひらを切っていました。それは、生い茂ったススキをかき分けていたからです。

ススキの葉を拡大すると、ノコギリ状のトゲが並んでいます。トゲはガラスの原料になるケイ酸を含んだ硬いものです。そのため、葉に触れるだけで、手は切れてしまいます。

ススキのようなイネ科の植物は、草を食べる動物から身を守るために、土の中にあるケイ酸を吸収して体に蓄積していました。

これが、ススキが手を切るような葉をしている理由です。

ススキの性質を活かした活用方法

細長いススキの葉に触れる時は、注意しないといけません。硬くて、手を傷つけるからです。但し、ススキの独特な性質は、様々な場面で活用されていました。

祭礼や儀式での活用

ススキの葉が鋭いためか、中国では魔除けの草として扱われていました。

日本に伝わると、田んぼの農耕儀礼(田んぼに水を取り込む水口祭や、初田植え)に使われるようになりました。

ススキは月見団子やイモ等とともに、お盆の上に飾りつけられて、豊穣を神に感謝する時にも使われています。

ススキは、あっという間に茎をのばして成長します。そのため、ススキの穂を稲穂に見立てることで豊穣を祈願したのでしょう。

さらに、この頃のススキは儀式用途だけではなく、硬い茎の特徴を生かして、屋根にも使われていました。

かやぶき屋根に使われたススキ

今では見たこともない人が多いでしょうが、ススキの茎を束ねた「茅葺(かやぶき)屋根」は、大変優れた高級素材でした。

ススキが手に入らない時には、仕方なく稲わらを使った「藁葺(わらぶき)屋根」を用いました。

ところが、「藁葺(わらぶき)屋根」は、「茅葺(かやぶき)屋根」の1/3程の寿命しかなかったと言われています。

一見すると、ススキの茎よりも稲わらを使った方が、高級感があります。ところが、ススキの茎は現在の建築資材と比べても引けを取らない程、保湿性、通気性、吸音性などで優れたものでした。

但し、そうは言っても植物ですから、虫に食べられることや、カビが生える等のリスクはあります。

もちろん、現在社会で「茅葺(かやぶき)屋根」を使うのは大変でしょう。当時は囲炉裏(いろり)で薪を燃やしていたため、その煙が「茅葺(かやぶき)屋根」をいぶして保護していました。

そのため、囲炉裏(いろり)が使われていた時代には「茅葺(かやぶき)屋根」は、最良の部材だったのでしょう。

このように、昔の日本ではススキは人々の暮らしに無くてはならない程、使われていました。

日本の火山灰由来の養分の少ない酸性土壌では、ススキが育ちやすい環境だったことも影響していたのでしょう。

まとめ

ススキが、風にそよぐ光景は、日本の故郷に感じられるかもしれません。それ程、ススキは、心にしみ込んでいます。

いつの間にか、このような景色も少なくなってきました。いずれは、ススキのことも知らない人が増えるでしょう。

ススキは、人々の心をいやしてくれます。今は、真冬ですが何故かススキが思い出されます。

ABOUT ME
nature observation
Nature Observationのサイトは2名で運営しています。一人目は写真撮影と白鳥が好きで日本全国を車で飛び回っています。最近は、無料ブログを作って楽しんでいるようです。二人目は、昆虫好きですが、写真は素人、白鳥や花の本を読んで知識は増えてきました。最近は、主にデジタル関連の、判っていそうで判りにくい内容をズバッと紹介するサイトも手掛けています。二人とも趣味の世界を謳歌している中高年のおじさんです。