スズメバチ

キイロスズメバチが市街地に進出する理由

キイロスズメバチ

キイロスズメバチが市街地に進出してきた理由を、キイロスズメバチの体長や性質、天敵との関係などから推測しています。また、女王バチの生涯などから、スズメバチの巣の寿命についても紹介します。きっと、スズメバチの疑問点が解消されるでしょう。

市街地周辺に巣を作るスズメバチ

近年、市街地にキイロスズメバチが巣を作って問題になっていて、スズメバチに刺される被害も目立っています。スズメバチは山の方にいるものだと思っていましたが、キイロスズメバチは市街地で増えていました。

キイロスズメバチは、全身が短い体毛で覆われていて、スズメバチの仲間では、小型です。でも、いわゆるスズメバチのイメージどおりのハチです。あなたの近くにいたら怖いでしょう。

ちなみにキイロスズメバチの体長は、17mm〜24mm程ですが、オオスズメバチは、27mm〜40mmもあります。

このキイロスズメバチが、何故市街地で増加してきたのか、理由を調べてみました。

キイロスズメバチが市街地で巣を作る理由

キイロスズメバチが人口の多い市街地で巣作りをするのは、次のような理由と考えられています。

  1. スズメバチのエサは、もともとは木の幹や枝です。ところが、キイロスズメバチは、気が荒い性質のため、昆虫などの小動物も食べます。また、市街地には生ごみや空き缶に残ったジュースなどが豊富です。ともかく、何でも食べてしまうキイロスズメバチにとっては、市街地はエサに困らない天国のような場所です。
  2. キイロスズメバチの天敵は、オオスズメバチです。オオスズメバチは、秋になると他のハチの巣を襲って全滅させてしまいます。
    本来、オオスズメバチの好物はミツバチですが、オオスズメバチの体長は4㎝もある為、小型のキイロスズメバチも襲撃の対象です。オオスズメバチに襲われたキイロスズメバチは全滅するしかありません。

オオスズメバチの巣は、地中や木の洞(ほこら)などで、市街地からは離れたところにあります。

キイロスズメバチにとっては、民家の屋根裏や軒下、床下、排水溝等の人工物周辺は、天敵から離れた場所になります。そして、なんでも食べるキイロスズメバチにとっては、市街地は食べ物も豊富にある理想的な場所なのでしょう。

これが、キイロスズメバチが市街地に進出してきた理由です。

では、スズメバチの巣が軒下などに作られてしまうと、毎年巨大化してしまうのでしょうか? 巣の寿命はどれくらいなのでしょうか?

スズメバチの巣の寿命

スズメバチは外形がアリに似ています。そして、アリと同じように巣の中で、各々の役目が決められた規律正しい社会生活をします。

アリの場合は、女王アリが産卵数を増やしながら数年間に亘って巣を巨大化しますが、スズメバチの女王の寿命は、1年程です。

次期女王以外のハチ(働きバチやオスバチ、役目を終えた旧女王バチ)は、越冬もしないで死んでしまいます。

スズメバチの寿命は1年のため、内部が何層もある巨大でりっぱな巣も、その年だけで廃棄されます。

もったいないように感じられますが、もしもアリの巣のように毎年巨大化していくことを想像すると、これで良かったと思います。

アリと比べると、スズメバチの女王は考えている以上に短寿命ですが、どんな一生なのでしょうか?

女王バチの一生

スズメバチの女王の寿命は凡そ1年です。前年の暖かい時期に生まれた次期女王は、その年の冬は、寒さをしのげる場所に潜んで越冬します。越冬するのは交尾を終えた次期女王だけです。

翌年の春になると越冬から目覚めた次期女王は樹液等を食べて、体力を回復させると、直ぐに巣作りに取り掛かります。

まず、巣の場所の選定です。女王バチは、時間をかけて、できるだけ広い場所を探索して最適な巣の場所を決めます。

そして、巣の場所を覚えるために飛行して周囲の環境を記憶します。同時に巣作りのための素材収集に励みます。

この時は、女王バチだけなので、1匹だけで巣作りをしながら、卵を産みます。そして、卵からふ化した幼虫の世話もします。

この時の労力は、女王に相当の負担をかけるため、上手く行かないケースも多いそうです。(やはり、自然界は厳しいですね)

約1ヶ月後に働きバチが誕生すると、女王は雑務から解放されて産卵に専念するようになります。巣作りは、生まれてきた働きバチが協力してするので、巣の大きさは急激に拡大していきます。

まとめ

スズメバチの仲間では少し小型のキイロスズメバチは、体の大きなスズメバチが天敵です。

生ごみや空き缶に残ったジュースなど、何でも食べてしまうキイロスズメバチにとっては、市街地は、エサに困らない場所です。

その上、天敵から離れている民家の屋根裏や軒下、床下、排水溝等の人工物周辺は、理想的な場所なのでしょう。

以上が、キイロスズメバチが市街地に進出してきた理由です。

但し、アリのコロニーの様に毎年、巣が巨大化していくことはありません。女王バチの寿命が短いため、巣は、1年で廃棄されてしまうからです。

ABOUT ME
nature observation
Nature Observationのサイトは2名で運営しています。一人目は写真撮影と白鳥が好きで日本全国を車で飛び回っています。最近は、無料ブログを作って楽しんでいるようです。二人目は、昆虫好きですが、写真は素人、白鳥や花の本を読んで知識は増えてきました。最近は、主にデジタル関連の、判っていそうで判りにくい内容をズバッと紹介するサイトも手掛けています。二人とも趣味の世界を謳歌している中高年のおじさんです。