花・野草

花・野草

日本の秋を代表するコスモスの花と遠い思い出

コスモスの花は、メキシコ原産だそうですが、日本の秋にぴったりします。分類上もキク科です。コスモスの花には多くの思い出と、大好きだった、昭和のアイドル歌手を連想させてくれます。恐らく、多くの日本人にとってコスモスの花は、既に日本の花でしょう。
花・野草

なぜ植物は、移動しなくても生きられるのだろう

多くの植物は動けません。動物からみると、不便に感じますが、逆に植物は、年中動き回る動物を見て可愛そうだと感じているかもしれません。動かない植物もしっかり生きていけます。この記事では、その理由を分かりやすく紹介しています。
花・野草

イチョウの木は古代植物だった

イチョウの木は、2億年前の恐竜時代に繁栄していたことが化石で確認されています。中国原産のイチョウの木は、古くはヨーロッパにもありましたが、現在では中国の一部と日本にあるだけです。この記事では、そんな貴重なイチョウの木について紹介しています。...
花・野草

タネの休眠とは?

植物が発芽する条件と、タネの休眠について紹介しています。植物の発芽には、大きなエネルギーが必要です。そのため、発芽条件とは別に、種ごとに、条件がそろうまで待ちます。そして、発芽するだけで養分が枯渇しないように確認しながら発芽します。 タネの...
花・野草

植物はどのようにして開花時期を決めているのでしょう

屋さんでは、キクの花は年中あります。これは温室栽培の成果ですが、植物は適正な開花時期をどのようにして知るのでしょうか。この記事では、多くの植物が開花時期を決める方法を植物の性質とキクの開花時期の調整方法などから、分かりやすく紹介します。
花・野草

花の色を決めるものと、花の色を変化させる要因

人が見る花が綺麗で鮮やかなのは、植物の戦略なのか、偶然なのかは不明ですが、多くの花がポリネータではない私たちも楽しませてくれるのは幸運なことです。この記事では、人が見ている花の色はどのようにして見えるのかをまとめたものです。
花・野草

毎年、庭のどこかに生えて勝手に咲く花はテッポウユリではなかった

毎年、庭に生えて来て、大きなユリの花を咲かせてくれるのは、テッポウユリだと思い込んでいましたが、タカサゴユリでした。両者は、共に鉄砲の筒のような形で、似ています。この記事では、なぜ、鉄砲のような形なのか、何故、似ているのかを紹介しています。
ヒマワリ

真夏の象徴のような「ひまわり」の花と美味しい種

私の中のヒマワリの花の橙色は、夏そのものです。このヒマワリの花について、少し調べて確認できたことを紹介しています。ヒマワリの花の構造面や、おいしいタネについて触れています。ヒマワリの花が、終ると私の夏もおしまいで、季節は、秋に向かいます。 ...
花・野草

清楚で魅惑的なカタクリの花

カタクリの花は、「春の妖精」と呼ばれて、万葉の時代から多くの人から慕われている花です。現在では多くの市町村から町の花に指定していますが、生存域が減少しています。カタクリの種子の散布は、アリとの共生関係を利用していました。
花・野草

ヒガンバナが、日本中に広がった理由

少し前の日本では、秋になるとヒガンバナは群生していました。そんなヒガンバナは、種子を持っていないため、独力で分布を広げることはできません。この記事では、どのようにして日本中に分布を広げたのかなどを分かりやすく紹介しています。